ベルテントでセルフグランピングを楽しもう

目次

グランピングについて知っておこう

セルフグランピングを楽しむコツ、ポイント

セルフグランピングにおすすめのキャンプ道具

ベルテント

グランドシート

LEDデコレーションライト

レトロクラシックなアンティーク暖色LEDランタン

ラグマット

アウトドアテーブル

アウトドアチェア

キャンピングベッド

グランピングについて知っておこう

今や日本でもすっかり定着した感じのグランピング。グランピング(Glamping)とは「グラマラス(Glamorous)」+「キャンピング」(Camping)を掛け合わせた造語です。単純に言えば「すごく豪華なキャンプ」をイメージしていただければ良いでしょう。

グランピングはキャンプと言っても自分達でテントの設営や食事の準備をする必要は基本的にありません。それらの設備が全て準備されている施設が全国にたくさんありますので、のんびりと自然を楽しむキャンプの良さを取り入れた旅行とも言えますね。

豆知識:グランピングの歴史

グランピングって、いつ生まれたの?

2005年、インターネット上において英国でのグランピングの検索が確認されています。つまり、これがキーワードとしてのグランピングの誕生と言ってよいでしょう。以来、グランピングは欧米で非常に人気となり、日本でも急速に浸透しています。現在、英国にはグランピングを自称する施設が多数あり、多くは牧歌的な観光地において手ごろな価格で楽しめるものです。

参照:「一般社団法人 日本グランピング協会」webサイトより

グランピングの悩みとしては、施設が限られるためハイシーズンには予約が取れない可能性があることや、費用がそれなりに高くなるということが考えられます。

それなら好きな場所で、自分達で自由にグランピングを楽しんでしまう「セルフグランピング」というのはいかがでしょうか?

今回はセルフグランピングを手軽に楽しむためのコツとオススメのキャンプ道具をご紹介します。

セルフグランピングを楽しむコツ、ポイント

セルフグランピングを楽しむために必要な要素は「大きく広い空間」と「装飾/演出」と言えるでしょう。そして優雅にゆったりと過ごせるようセッティングすることがポイントです。

大型のテントを使おう

セルフグランピング 大型のテントを使う

「大きく広い空間」のためには、床面積が広く天井高の高いテントを選びましょう。中でもオススメなのが「ベルテント」と呼ばれる大型のワンポールテントです。

ベルテントはサイドウォールが立ち上がるため、通常のワンポールテントよりも横裾の高さがあり広い空間が確保できます。また出入り口も大型で豪華な印象があります。

フリーサイトのオートキャンプ場を選ぼう

セルフグランピング フリーサイトのオートキャンプ場を選ぼう

大型のテントを設営するためにはテントサイトにも十分な広さが必要です。区画サイトよりはフリーサイトの方が良いでしょう。また荷物が大きく重たくなりやすいので、車でテントサイトの近くまで乗り入れができるオートキャンプ場がオススメです。

ラグマットやランタンを活用しよう

セルフグランピング ラグマットやランタンを活用

大型のテント内は殺風景になりやすいですが、ラグマットを敷くだけでグッとオシャレな印象になります。

ランタンも、テントの出入り口やテント内を飾り付けできるタイプのもので遊び心を加えてみましょう。

セルフグランピングにおすすめのキャンプ道具

ベルテント

2019 NEW

UA-47 CSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン460UV

キャプテンスタッグ UA-47 CSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン460UV

ポイント

フロアサイズ約10.7畳、大人数で使えるオクタゴン(8角形)大型ワンポールテントDXバージョン。グランピングに最適なベルテントとも呼ばれるタイプです。

前後に大型の出入口を採用することで、ティピー型に生じるデッドスペースを無くし、広い空間を確保した居住性の高いワンポールテントです。

天井4箇所のベンチレーション、フロア窓から空気を取り込み天井のベンチレーションへ空気を流すフライメッシュ窓を装備しています。

付属のインナーテントでプライベートスペースを確保。また出入口の大型メッシュパネルは通気性に優れ、テント内で快適に過ごせます。

フロアシートはファスナーで着脱が可能です。

軽くて扱いやすいジュラルミンペグが付属しています。

持ち運びに便利なキャリーバッグ付き。

サイズ(約) テント外径:460×460×300cm
インナーテント外径:440×215×180cm
収納サイズ(約) 77×35×35cm
重量(約) 17kg
耐水圧(約) 幕体:ウォール=2,000mm、フロア=3,000mm
インナー:ウォール=通気性撥水加工、フロア=2,000mm
使用人数 インナーテント無の使用人数:8人
寝室用インナーテント内使用人数:4人

表示されている使用人数はあくまでも最大収容可能人数です。ゆったりと快適にご使用いただくには、表示人数からマイナス1〜2人でのご使用がおすすめです。

UA-47 CSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン460UV

2019 NEW

UA-46 CSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン400UV

キャプテンスタッグ UA-46 CSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン400UV

ポイント

フロアサイズ約8畳、大人数で使えるオクタゴン(8角形)大型ワンポールテントDXバージョン。グランピングに最適なベルテントとも呼ばれるタイプです。

前後に大型の出入口を採用することで、ティピー型に生じるデッドスペースを無くし、広い空間を確保した居住性の高いワンポールテントです。

付属のインナーテントでプライベートスペースを確保。また出入口の大型メッシュパネルは通気性に優れ、テント内で快適に過ごせます。

サイズ(約) テント外径:400×400×250cm
インナーテント外径:380×185×160cm
収納サイズ(約) 74×32×32cm
重量(約) 15kg
耐水圧(約) 幕体:ウォール=2,000mm、フロア=3,000mm
インナー:ウォール=通気性撥水加工、フロア=2,000mm
使用人数 インナーテント無の使用人数:6人
寝室用インナーテント内使用人数:3人

表示されている使用人数はあくまでも最大収容可能人数です。ゆったりと快適にご使用いただくには、表示人数からマイナス1〜2人でのご使用がおすすめです。

UA-46 CSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン400UV

グランドシート

ベルテントのような特殊な形状のテントには、専用のグランドシートがおすすめです。ブルーシートを使用される方も多いと思いますが、ブルーシートは基本的に長方形なので八角形(オクタゴン)のベルテントや六角形(ヘキサゴン)のワンポールテントには合いません。折りたたんで使用することで問題はありませんがはみ出してしまうことも多いですね。

せっかくのセルフグランピング、細部にもこだわって見ましょう。

*テントフロアが地面に直接触れないので、汚れや底面に傷がつくのを防ぎます。収納バッグ付きで、丈夫で防水性に優れたポリエチレンシートです。

UA-4529 テントグランドシート UA-47DXオクタゴン460用

UA-4529 テントグランドシート UA-47DXオクタゴン460用

UA-4528 テントグランドシート UA-46DXオクタゴン400用

UA-4528 テントグランドシート UA-46DXオクタゴン400用

LEDデコレーションライト

8通りの光り方がキャンプサイトを楽しく彩るデコレーションライトです。テント出入口やインナーテントの照明や飾り付けに最適です。

生活防水付きなので外側の装飾も可能です。

UK-4053 LEDデコレーションライト 10灯(ランプ)

UK-4053 LEDデコレーションライト 10灯(ランプ)

UK-4054 LEDデコレーションライト 10灯(ダイアモンド)

UK-4054 LEDデコレーションライト 10灯(ダイアモンド)

レトロクラシックなアンティーク暖色LEDランタン

雰囲気のある暖色のLEDを採用したやさしいオレンジ色の光が良い雰囲気のLEDランタンシリーズ。ハンマートン塗装でレトロな雰囲気、明るさは無段階調節可能なLEDランタンです。

ラグマット

アウトドアテーブル

アウトドアチェア

背中を預け、足を投げ出してゆっくり座る。座り心地が良いローチェアです。

UP-1017 モンテ ロースタイルチェア(カーキ)

UP-1017 モンテ ロースタイルチェア(カーキ)

UP-1034 CSブラックラベル ロースタイルチェア

UP-1034 CSブラックラベル ロースタイルチェア

CSクラシックス アルミ背付ベンチ+リラックスクッションカバー

定番の鹿ベンチとゆったりタイプのクッションカバーを組み合わせれば、ソファーのような感覚でくつろげます。

CSクラシックス アルミ背付ベンチ+リラックスクッションカバー

UC-1659 CSクラシックス アルミ背付ベンチ

UC-1659 CSクラシックス アルミ背付ベンチ

UC-1667 アルミ背付ベンチ用 リラックスクッションカバー

UC-1667 アルミ背付ベンチ用 リラックスクッションカバー

キャンピングベッド

大型のベルテントにぴったりのエアーベッドでゆったりくつろいでみてはいかがでしょうか。

M-3408 エアーベッド(ダブル)

M-3408 エアーベッド(ダブル)

M-3409 エアーベッド(シングル)

M-3409 エアーベッド(シングル)

M-3402 電動エアーポンプ(電池式)

*エアーベッドを使うなら忘れずに。 M-3402 電動エアーポンプ(電池式)

上記でご紹介した以外にタープも重要になります。テント内だけでなく、タープの装飾も工夫してみましょう。タープ下をゆったりとした空間にするならロースタイルのアイテムが良いでしょう。

グランピングは最近流行のソロキャンプとは対極のキャンプスタイルと言えますが、1つの大きなムーブメントであることは疑いようがありません。

決まった形がないのがキャンプの魅力です。例えばベルテントにこだわらず、ソロテントで工夫してみても面白いでしょう。

皆様もそれぞれのイメージでセルフグランピングを楽しんでみましょう。

おすすめ情報

秋の夜長にロースタイルキャンプ!おすすめアイテムをご紹介

キャプテンスタッグ 秋の夜長にロースタイルキャンプ!おすすめアイテムをご紹介 最近主流のロースタイルキャンプ、様々なアイテムが数多くラインナップしています。今回は人気のロースタイルキャンプの魅力とオススメのロースタイルキャンプ用アイテムをご紹介します。

キャンプ・アウトドアこそ美味しいコーヒーでリラックス

キャンプ・アウトドアこそ美味しいコーヒーでリラックスキャンプ場での爽やかな朝に淹れる一杯のモーニングコーヒーは普段の生活では味わえない至福の一時です。キャンプ・アウトドアで手軽に美味しいハンドドリップコーヒーを楽しむための方法やアイテムをご紹介します。

キャンプ・バーベキューに行く前に足りないものはありませんか?

キャプテンスタッグ アウトドア・キャンプ用品総合ブランドアウトドア用品総合ブランドのCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)ならキャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーに必要なものが何でも揃います。初心者の方、家族キャンプに行ってみようと思っている方からもちろんベテランキャンパーの方々まで。皆様にぴったりのアウトドア・キャンプ用品がきっと見つかります。

アウトドア用品総合ブランドのCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)