テントサイトをオシャレに決めよう header

格好良くキャンプをするために必要なことは、空間を大きく占めるテントとタープをしっかりと張ることです。そのためにはテントを張る場所のことを知っておくことが大切です。

キャンプ場でテントやタープを張る場所のことを「テントサイト」と言います。

テントサイトは大きく分けると「フリーサイト」「区画サイト」の2種類があり、これはキャンプ場によって決められています。

まずはテントサイトのそれぞれの特徴を確認してみましょう。

フリーサイト

フリーサイトは、キャンプ場のエリア内であれば自由にテントやタープを張って良いテントサイトになります。

フリーサイトの良いところは、自由に場所を使えるので大型のテントやタープも使用しやすい点にあります。また向きも自由に決められるので、食事をする場所も含めて過ごしやすいようにセッティングすることが可能です。

他にも景色の良いところや炊事場などが近い場所を選ぶのも良いでしょう。先着順にはなりますが、使用できる場所をうまく使えば快適なキャンプが楽しめるのがフリーサイトの魅力です。スペースに余裕があれば、他のキャンパーとも距離を取れるのでプラベート感も保てますね。もちろんいくら自由とはいえ、周りの方々への気配りも忘れないようにしましょう。

またフリーサイトは、混在時には思い通りのスペースが確保できないこともありますので注意しておきましょう。

オートフリーサイト

フリーサイトには「オートフリーサイト」と呼ばれる車の乗り入れも自由にできるキャンプ場もあります。荷物の持ち運びも楽にできるのでとても便利です。ただし車が邪魔になって他のキャンパーのスペースを侵害したり、事故を起こさないように、より注意深く行動しましょう。

区画サイト

区画サイトとは、あらかじめキャンプ場によってスペースが仕切られているテントサイトのことです。ロープが張ってあったり、目印を結んだ線の内側のスペースといった具合に区分けされており、そのスペースの内側にテントを張ることができます。

区画サイトの良いところは、ハイシーズンの混雑時でも、予約をとっておけば安心してキャンプできるところですね。スペースが確保されているので場所取り合戦のようなことも起きません。

テントを張るためのスペースなので地面が整備されていてテントを張りやすいこともメリットです。電源設備などが完備されているキャンプ場もたくさんあります。

区画サイトで一番注意しなければいけない事が、区画の大きさです。原則として区画の内側にテントやタープを設置します。使用するテントやタープが1区画より大きい場合、人数が多い場合などは当然複数の区画を確保しておかなければいけません。ガイドロープなども、はみ出さないように設置する必要があります。

キャンプに使用するアイテムの大きさや区画の広さを事前にしっかり確認し、必要なスペースを確保しておきましょう。

テントサイトが隙間なく隣接してるようなキャンプ場では、周辺のキャンパーと配慮し合いながら楽しくキャンプできるように心がけましょう。またテントを張る向きなども考慮しましょう。

テントサイトをオシャレに決める!おすすめアイテムをご紹介

オシャレなキャンプを楽しむためには、使用するアイテムが十分に活用できるテントサイトのスペースが必要になります。しかしそのスペースを確保できれば、自由に空間を演出して楽しむ事ができますね。

今回ご紹介するキャプテンスタッグの「UA-39 CSクラシックス キャンプベースUV」は、シンプルなデザインと多彩なセッティングバリエーションが特徴の大型シェルターです。

これが1セットがあるだけで、テントサイトがおしゃれで快適な空間へと変わります。

UA-39 CSクラシックス キャンプベースUV

UA-39 CSクラシックス キャンプベースUV 4~5人用

全閉時
インナーテント
ベンチレーション装備
ガイドロープ用フラップ
グロメットを装備
スクエアタープに
ライト用天井フック付き
キャリーバッグ付き

CSクラシックス キャンプベースUVの特徴

アウトドアのベースキャンプとして使える、多彩なセッティングバリエーションが可能な大型シェルターです。

テントは左右対称の作りで、付属のインナーテントは左右どちらにも取り付け可能です。

天井部2箇所にベンチレーションを装備しているので、外気とテント内部の温度差を快適にコントロールできます。

シェルターの耐風性をアップするガイドロープ用フラップを14箇所に装備しています。

前後のひさしを張り出せば、開放的な大型スクエアタープとして使用できます。キャノピーポールが4本付属しています。

グロメットを使用してひさし中央部を上げることで開放感がアップします。ガイドロープで下げることで雨水を逃したりと便利に使えます。

軽いライト等を吊り下げるのに便利なフックをフライとインナーテント天井部に装備しています。

持ち運びや収納に便利なキャリーバッグ付。

多彩なセッティングバリエーション

セッティングバリエーションA
セッティングバリエーションB
セッティングバリエーションC
セッティングバリエーションD
セッティングバリエーションE
セッティングバリエーションF
使用人数・床面積

使用人数・床面積 UA-39 CSクラシックス キャンプベースUV 4~5人用

フレームサイズ

フレームサイズ UA-39 CSクラシックス キャンプベースUV 4~5人用

天井高

天井高 UA-39 CSクラシックス キャンプベースUV 4~5人用

仕様
使用時サイズ(約) フライ:680×380×H220cm
インナー:240×240×H200cm
収納サイズ(約) 72×23×24cm
重量(約) 14.7kg
耐水圧(約) 2,000mm
使用人数 5人
材質 *フライ:ポリエステルリップストップ210T(PU2,000mm)UVカット・撥水加工
*インナー:185Tポリエステル(通気性撥水加工)
・メッシュ=ポリエステルノーシームメッシュ
・フロア=ポリエステルOXF150D(PU3,000mm)
*ポール:φ22・16mmスチール(粉体塗装)
付属品 ・ひさし用ポール4本
・ガイドロープ14本
・ペグ34本
・ハンマー1本
・ポール用収納袋1枚
・ペグ用収納袋1枚
・キャリーバッグ1枚

表示されている使用人数はあくまでも最大収容可能人数です。ゆったりと快適にご使用いただくには、表示人数からマイナス1〜2人でのご使用がおすすめです。

UA-39 CSクラシックス キャンプベースUV 4~5人用

格好良くキャンプするためのコツ

格好良くキャンプするためのコツ

テントやタープだけでなく、チェアやテーブル、グリルや食器類など大型のものから小物まで、デザインやカラーに統一感を持たせる事で、簡単におしゃれなキャンプが楽しめるでしょう。

独自のコンセプトを持ち、それぞれデザインやカラーリングが統一されたキャプテンスタッグのプロダクトブランドをご紹介します。

キャプテンスタッグには他にもたくさんのプロダクトブランドがラインナップされていますので、ぜひチェックしてみてください。

ソロキャンプでコンパクトに格好良くまとめられるキャンパーでも、スペースに余裕を持っておければ過ごしやすいですね。ソロキャンプ・家族キャンプなどを問わず、快適にキャンプをするためには、テントサイトの広さは必ずチェックするべきポイントです。

また自分達のスペースを大切にするということは、他のキャンパー達のスペースを尊重することにも繋がります。

広ければゆったりと、狭ければ狭いなりに、周辺のキャンパー達と配慮し合いながら、皆で楽しくキャンプしましょう。

おすすめ情報

流行りのロースタイルBBQを楽しもう

流行りのロースタイルBBQを楽しもう流行りのロースタイルBBQを楽しもう!焚き火を囲み、座りながら食材を焼くロースタイルBBQは、家族や仲間とコミュニケーションが取りやすく、座りながら作業ができるため、リラックスして楽しめるのでとても快適です。 グリルも比較的コンパクトで持ち運びやすい軽量なタイプが多いので人気が高まっています。

テントの種類と選び方

キャプテンスタッグおすすめ テントの種類と選び方テントにはいくつかの種類と用途にあった選び方のコツがあります。人数、テントの大きさ、デザインや構造など、テントの好みは人それぞれ。自分に合ったテントを探してみましょう。