明るさと柔らかな雰囲気を両立する おすすめのガスランタン header

目次

ガスランタンのメリットとデメリット

ガスランタンの選び方

使用するガス缶の種類について

ガスランタンの明るさについて

キャプテンスタッグおすすめのガスランタン

キャンプの夜を照らす灯り、皆様は何を使ってるでしょうか。
大きく分けると下記のような選択肢が考えられます。

ライト

  • ヘッドライト
  • 懐中電灯

ランタン

  • LEDランタン
  • オイルランタン
  • ガスランタン

手軽さを考えるならLEDランタン・ライトが良いでしょう。
キャンプ場内を移動するときにはヘッドライトや懐中電灯がおすすめです。

しかし夕食も終わり、ゆっくりと雰囲気を楽しみながら過ごすような時間に、煌々と明かりを灯していると、少々興醒めしてしまうかもしれませんね。
また周りのキャンパーさん達にも眩しいと感じる方達がいるかもしれません。

そんな時間におすすめなのがオイルランタンやガスランタンです。
どちらも炎を光源とするので、柔らかく暖かみある灯りと雰囲気の良さが人気です。

今回は使い勝手も良いおすすめのガスランタンをご紹介いたします。

*オイルランタンについては下記の記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい -オイルランタン特集

炎が揺らめくキャンプの夜に オイルランタンでムードを演出

炎が揺らめくキャンプの夜に オイルランタンでムードを演出オイルランタンは、夜のテントサイトでのんびり過ごしている時、炎の適度な明るさと雰囲気がキャンプをさらに魅力的なものにしてくれるでしょう。LEDランタンの明るさに比べるとオイルランタンは少し暗く感じるかもしれませんが、この薄暗さと炎の揺らめきが、キャンプの夜には抜群のムードと癒しを演出してくれます。今回はおすすめのオイルランタンをご紹介します。

ガスランタンのメリットとデメリット

ガスランタンのメリットとデメリット 比較

メリット

ガスランタンは点火と消火が比較的簡単なので扱いやすく、初心者キャンパーさんにもおすすめです。またガス缶を使用するため、ガスバーナーやガスコンロといったガス調理器具を使用している方にとっては、追加しやすいアイテムです。

ただしガス缶にはOD缶とCB缶の2種類があり、どちらのタイプのガス缶を使用できるかはガスランタンによって異なりますのでご注意ください。

例)下の写真はOD缶に装着するタイプのガスランタンです。

ガスランタン OD缶を装着するタイプ

オイルランタンやガソリンランタンと違い、ガスバーナーなどとガス缶を共有できる点もガスランタンの使い勝手の良さと言えるでしょう。

デメリット

ガスランタンはガス缶の消費量に注意する必要があります。ガスの消費量は取扱説明書などに記載してありますので確認しておきましょう。
例えば「100g/h」と記載があれば、1時間連続使用すると100gのガスを消費するという意味になります。250gのガス缶を使用していれば、約2時間30分の連続使用が可能ということになります。
ガスバーナーやガスコンロで使用するガス缶を流用される方も多いかもしれませんので、ガス缶の残量と予備の準備に気をつけましょう。
ガス缶の予備に余裕を持っておこうとすると、荷物が増えてしまうという点がデメリットと言えるかもしれません。

もう1点、ガスランタンを使用中に持ち運ぶことは避けましょう。ガスが燃焼している状態で持ち運ぶと危険ですので、安定した場所に設置して使うようにしてください。

移動の時の灯りはLEDランタンやヘッドライトをおすすめします。

ガスランタンの選び方

ガスランタンを選ぶポイントは下記の2点を考えると良いでしょう。

  • ガス缶の種類
  • 明るさ

それぞれ見ていきましょう。

使用するガス缶の種類について

ガス缶にはOD缶とCB缶の2種類があります。

OD缶
キャプテンスタッグガス OD缶
CB缶
キャプテンスタッグガス CB缶

これらのガス缶は基本的に互換性がないと思っていただいた方が良いでしょう。特にOD缶に装着するタイプのガスランタンは、CB缶では代用できません。
またOD缶もガスランタンと同一メーカーのものを使用するようにしましょう。

普段お使いのガスバーナーやガスコンロのガス缶を流用する場合、使用できるガスランタンも限られてきますので、間違いのないように選びましょう。

それほど種類は多くありませんが、CB缶を使用するガスランタンもあります。CB缶はOD缶に比べるとコスパが良いので、ガス用品をCB缶で統一するのも選択肢だと思います。

ガスランタンの明るさについて

ガスランタンの明るさについて比較

ランタンやライトの明るさを表す単位には「W(ワット/電球等)」や「lm(ルーメン/LED)」があります。
ガスランタンの明るさを表す場合は、これらのWやlmとの比較で○○W相当/○○lm相当と表記されることが多いです。

ですがガスランタンを選ぶときは、数値としての明るさよりも

  • 全体を照らすメインのランタン
  • テーブル上に置くサブランタン・テーブルランタン

のどちらとして使うかをイメージした方が選びやすいでしょう。

ガスランタンの明るさはマントルを使用するかしないかで大きく変わります。
まずはガスランタンのマントルについてご紹介しておきましょう。

ガスランタンのマントルとは

キャプテンスタッグ ガスランタン用マントル

マントルはガスランタンに限らず、ガソリンランタンなどの燃料系のランタンに使用する、絹糸やレーヨンなどをベースに作られた布製の袋のことです。
ガスランタンなどの燃料を使用するランタンは、基本的にこのマントルが発光体となりますので、マントルの有無により明るさが大きく変わります。

マントルは使用する前には「空焼き」の必要があります。
マントルの空焼きは簡単で、火をつけて一度燃やしておくことを言います。ただし空焼き後のマントルはとても脆くなり、触るだけでも破けてしまいます。マントルが破けた状態ではランタンの使用ができませんので、取り扱いにはより一層注意する必要があります。
予備のマントルは必ず準備しておきましょう。

マントルの取り付けと空焼きの方法は下の図を参考にしてみてください。マントルの取り扱いはどのガスランタンでも大差は無いと思いますが、ご使用の器具の取扱説明書をよく確認して使用するようにしましょう。

参考:マントルの取り付け方と空焼きの方法(UF-8 取扱説明書より)

マントルの取り付け方と空焼きの方法

メインで使うガスランタン

メイン用のガスランタン

上でご説明した通り、ガスランタンの明るさはマントルを使用するかどうかで大きく変わります。テントサイト全体を照らすだけの光量を必要とするメインのランタンとして使用するなら、マントル有のガスランタンということになります。

ガスランタンの灯りは炎による灯りなので、明るいといってもLEDランタンのように眩しいほどではなく、柔らかい雰囲気の灯りです。
優しい雰囲気でテントサイトを明るくしてくれるガスランタンは、雰囲気を楽しみたい方におすすめのランタンです。

サブ、テーブルランタンとして使うガスランタン

サブ テーブル用のガスランタン

メインで使用するガスランタンとは別に、マントルを使用しないキャンドルタイプのガスランタンもあります。

原理はガスバーナーやガスコンロと同じで、ガスに直接火を着けて灯りとするランタンです。キャンドルランタンとも呼ばれ、柔らかく暖かみのある灯りが特徴です。
ただしマントルを使用しないため光量は小さいので、テーブルの上に置いておく補助用のランタンと言えるでしょう。

食後のリラックスタイム、柔らかい灯りでゆっくり過ごしたい方におすすめのランタンです。

持ち運び、収納時にも注意しよう

ガスランタン 収納ケース

ガスランタンのホヤは耐熱ガラスでできています。ホヤにひびが入っていたり、割れていたりすると事故や怪我の原因になりますので、注意して扱う必要があります。
ハードタイプの収納ケース付きのガスランタンを選ぶのも良いでしょう。

付属品が布製のケースだったり、ハードケースが無い場合は、ご自身で収納を工夫する必要があります。コンテナなどを活用しても良いでしょう。
またマントル同様、ひび割れなどがあるホヤは使用できませんので、念のため予備のホヤも持っておくと良いでしょう。

ガスランタンは使い勝手も良く、十分な明るさと柔らかい雰囲気を両立してくれる、キャンプで人気の定番アイテムの1つです。

ガスバーナー・ガスコンロなどと一緒に揃えておくと、キャンプの幅がグッと広がります。まだお持ちで無い方にも、ぜひ試していただきたいおすすめアイテムです。

キャプテンスタッグおすすめのガスランタン

メインランタンとしておすすめ

UF-8 フィールド ガスランタン〈L〉〈圧電点火装置付〉

UF-8 フィールド ガスランタンL圧電点火装置付

大光量でありながら柔らかくテントサイトを照らし出し、自然な雰囲気のマントルの発光に癒されます。
ホヤは半分が柔らかい光を放つフロスト加工、半分がクリアのパーシャルフロスト。
灯りをともした際、周囲には柔らかい光、足元は強い光で、快適に照らしながらも、独特の雰囲気があり、十分な明るさです。

製品サイズ(約) 幅130×奥行120×高さ215mm
収納サイズ(約) 外径143×高さ225mm
重量(約) 970g(ガスランタンのみ:約720g)
仕様/その他 点火方式:圧電点火方式
ガス消費量:約120g/h
照度:800ルクス(測定値50cm)、白熱電球:150W相当※点火から3分後の最高照度

サブランタンとしておすすめ

UF-9 フィールド ガスランタン<M><圧電点火装置付>

UF-9 フィールド ガスランタンM圧電点火装置付

スリガラス調のホヤで、柔らかな灯が楽しめます。
卓上に置いたりスタンドに吊り下げたりして、サブランタンとしておすすめです。
テントサイトの広さによってはメインでも使えます。

製品サイズ(約) 幅105×奥行100×高さ155mm(ハンドル含まず)
収納サイズ(約) 幅100×奥行100×高さ165mm
重量(約) 610g(ガスランタンのみ510g)
仕様/その他 点火方式:圧電点火方式
ガス消費量(約):45g/h
照度(約):350ルクス(測定値30cm)白熱電球:60w相当※点火から3分後の最高照度

テーブルランタンとしておすすめ

UF-19 キャンドル ガスランタン

UF-19 キャンドル ガスランタン

マントルを使わず、直接炎が出るタイプです。
優しく揺れる光により、リラックスタイムを演出します。
ホヤの真下にあるリングを回すことで、炎の大きさを調節できます。
収納や携帯に便利なハードタイプの専用ケース付き。

製品サイズ(約) 外径46×高さ156mm(つまみ含まず)
収納サイズ(約) 外径62×高さ168mm
重量(約) 155g(ガスランタンのみ約110g)
仕様/その他 使用ガス容器(別売):『キャプテンスタッグ』レギュラーガスカートリッジCS-500、レギュラーガスカートリッジCS-250、パワーガスカートリッジPX-500、パワーガスカートリッジPX-250
ガス消費量(約):7g/h
連続燃焼時間(全開):キャプテンスタッグレギュラーガスカートリッジCS-250を使用した場合 – 約32時間
※但し、使用状況(天候、気温等)により異なります。

ガスランタン用ホヤのガラス加工について

キャプテンスタッグのガスランタン用のホヤは2種類の加工が施されており、その効果によって灯りの強弱と雰囲気を創っています。

下の写真は「UF-8 フィールド ガスランタン<L>」用のホヤです。

UF-8 フィールドガスランタンL用のホヤ

見ての通り、上半分はフロスト加工(磨りガラスのような加工)、下半分はパーシャルフロスト(クリア加工)になっています。

これらの加工により、

  • 周囲には柔らかい灯りを広範囲に
  • 足元は強い光でしっかり照らす

の2つの効果を1つのランタンで実現しています。

ホヤの装着を逆にしてみる?

ホヤのガラス加工による特性を利用するとランタンの用途が広がりますので工夫してみましょう。

ホヤを正常に装着した時、吊り下げた際、ランタンの周囲にはやわらかい光を、足元は強い光で照らします。

ホヤを上下逆に装着した時、ランタンの周囲にはやわらかい光を、遠くには強い光を送ることができます。

例えばランタンを利用して虫を集める場合、虫たちは明るいランタンに寄っていきやすいので、逆に装着するという方法がおすすめです。
もちろんこのランタンは食卓からは離しておきましょう。

このようにランタンの光をコントロールしたり、複数のランタンで強弱をつけて配置しておくと、食卓に虫が集まらないような工夫ができます。ぜひお試しください。

キャンプのマナー

キャンプ場では、消灯時間を過ぎたらランタンの灯りを消すようにしましょう。

消灯時間後も起きている場合は、ランタンの明かりを自分のサイト内だけを照らす小さなものに切り替えるなど、周りへの配慮を忘れないようにしましょう。
消灯時間後はキャンドルランタンなどの小さい灯りだけにして、静かに過ごすのがおすすめです。

おすすめ情報

キャンプの夜を彩る、おすすめのLEDランタン

キャンプの夜を彩る、おすすめのLEDランタンLEDランタンは「省エネ」「耐久性」「利便性」などに優れたこれからのキャンプにピッタリのランタンです。またアウトドア以外に防災グッズとしても有用なLEDランタン。利用シーンに合わせていくつか用意しておくと安心なLEDランタンをご紹介します。

LEDヘッドライトを装備してキャンプの夜を楽しもう

LEDヘッドライトを装備してキャンプの夜を楽しもうキャンプで夜の散策や探検をしてみたい時におすすめなのがLEDヘッドライト。LEDヘッドライトがおすすめな理由は頭に装着するので両手が自由に使えることです。キャンプには光源の準備は必須です。1人1つ持って行くくらいがちょうど良いですね。便利なおすすめのLEDヘッドライトをご紹介します。

【キャプテンスタッグ公式オンラインストア】ガスランタン一覧

キャンプ・バーベキューに行く前に、足りないものはありませんか?

アウトドア用品総合ブランドのキャプテンスタッグ公式オンラインストアなら、キャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーに必要なアウトドアギアが豊富にラインナップされています。
初心者の方をはじめ、ソロキャンパー、家族キャンプに行ってみようと思っている方からベテランキャンパーの方々まで。皆様にぴったりのアウトドアギアがきっと見つかります。

アウトドア用品総合ブランド キャプテンスタッグ公式オンラインストア