オイルランタンでムードを演出 ヘッダー

今時のキャンプで使用するランタンと言えばLEDランタンが主流といえるでしょう。明るさや使い勝手の良さを考えるとそれも納得です。

ランタンと言えばもともとガソリンやオイルなどの燃料を燃やして炎を光源とするものでした。キャンパーさんの中にはこの炎をお好きな方も多くいらっしゃるでしょう。

LEDランタンの明るさに比べると、炎を光源とするランタンは暗く感じるかもしれません。しかしこの薄暗さと炎の揺らめきが、キャンプの夜には抜群のムードと癒しを演出してくれます。

夜、テントサイトでのんびり過ごしている時、炎の適度な明るさと雰囲気がキャンプをさらに魅力的なものにしてくれるでしょう。

今回は夜のテントサイトに穏やかな癒しの雰囲気を演出してくれる、おすすめのオイルランタンをご紹介します。

目次

オイルランタンの特徴

オイルランタンの光源と燃料

パラフィンオイルとは

オイルランタンを使う時の注意点

キャプテンスタッグおすすめのオイルランタン

3色から選べる、優しい灯りのオイルランタン

3サイズから選べるアンティーク調のブロンズオイルランタン

炎のゆらめきがリラックスタイムを演出するオイルランタン

ススが出にくい オイルランタン用パラフィンオイル

交換パーツも充実 オイルランタン用のホヤと替え芯

オイルランタンの特徴

オイルランタンとは、元々はオイルランプに分類される照明器具のことで、灯油や石油といったオイルを燃料としています。ガソリンランタンやアルコールランプ類もオイルランプの一種です。

ちなみにランタンは「手に持って運べるランプ」のことを指します。

キャンプ、アウトドアシーンで使用されるオイルランタンは「ハリケーンランタン」と呼ばれる形状のものが主流です。ハリケーンランタンは文字通り嵐のような雨風の中でも使用できるランタンという意味です。

オイルランタンの光源と燃料

オイルランタンの光源と燃料 イメージ

*明るさの比較(上写真):(左)オイルランタン/(右)LEDランタン

オイルランタンは、灯芯という燃料の染みた芯を燃焼させることで光源とします。ランタンについているつまみを回して芯の長さを調整することで炎の大きさを変えられます。

一般にアウトドアレジャーで使用されるオイルランタンの燃料には「灯油」または「パラフィンオイル」を使用します。ガソリンを使用するものはガソリンランタンとして、オイルランタンとは基本的に区別されています。

灯油やパラフィンオイルはガソリンよりも取り扱いやすく安全にお使いいただけますので、手軽に雰囲気を楽しめるランタンとしておすすめです。ただし製品に指定されている以外の燃料(ガソリンなど)を使うことは大変危険ですので、取扱説明書などに記載の使用可能な燃料を確認しましょう。

パラフィンオイルとは

パラフィンオイルは蝋燭のロウを液体状のまま使用するオイルだとイメージするのが一番分かりやすいと思います。蝋燭も常温では個体(ワックス状)ですが、火を着けると芯の周りが液状になりますね。この液状になったロウを常温でも液状のまま保ち使用するのがパラフィンオイルになります。

パラフィンオイルは灯油に比べると揮発性が低く引火点が高いため、灯油よりも安全に使用しやすくなる利点があります。

また純度の高いパラフィンオイルは灯油に比べるとススや匂いが出にくいため、キャンプで使用するオイルランタンにはおすすめの燃料と言えます。

オイルランタンを使う時の注意点

1. 持ち運び

オイルランタンには「ホヤ」と呼ばれる耐熱ガラス製の風防があります。ガラスなので割れることがありますので持ち運びや取り扱いには注意しましょう。

2. テント内で使用しない

オイルランタンも「火を燃やす」という点では焚き火などと同じで。テント内での使用は一酸化炭素の発生などのリスクを伴いますので使用をしないように注意しましょう。また燃料がこぼれて引火する可能性もあります。特にテント内で火事になると大変危険です。

テントの外ではオイルランタン、テント内ではLEDランタンを使用するなど状況に合わせて使い分けましょう。

キャプテンスタッグおすすめのオイルランタン

3色から選べる、優しい灯りのオイルランタン

UK-508 CSオイルランタン<中>(ブラック)

UK-508 CSオイルランタン 中(ブラック)
点灯 UK-508 CSオイルランタン 中(ブラック)

UK-509 CSオイルランタン<中>(カーキ)

UK-509 CSオイルランタン 中(カーキ)
点灯 UK-509 CSオイルランタン 中(カーキ)

UK-510 CSオイルランタン<中>(レッド)

UK-510 CSオイルランタン 中(レッド)
点灯 UK-510 CSオイルランタン 中(レッド)

製品仕様(3アイテム共通)
製品サイズ(約) 幅160×奥行120×高さ250mm(本体のみ)
重量(約) 370g
容量 適正(約) 200ml
材質(品質) 本体:鉄(粉体塗装)、ホヤ:耐熱ガラス
仕様/その他 使用燃料:白灯油、ランタン用パラフィンオイル
芯の長さ:130mm
燃焼時間(約):14時間※燃焼条件により異なります。

3サイズから選べるアンティーク調のブロンズオイルランタン

CSオイルランタン(ブロンズ)3サイズ比較

UK-507 CSオイルランタン<大>(ブロンズ)

UK-507 CSオイルランタン 大(ブロンズ)
点灯 UK-507 CSオイルランタン 大(ブロンズ)

製品仕様
製品サイズ(約) 幅170×奥行140×高さ305mm(本体のみ)
重量(約) 490g
容量 適正(約) 300ml
材質(品質) 本体:鉄(銅メッキ)、ホヤ:耐熱ガラス
仕様/その他 使用燃料:白灯油、ランタン用パラフィンオイル
芯の長さ:140mm
燃焼時間(約):20時間※燃焼条件により異なります。

UK-506 CSオイルランタン<中>(ブロンズ)

UK-506 CSオイルランタン 中(ブロンズ)
点灯 UK-506 CSオイルランタン 中(ブロンズ)

製品仕様
製品サイズ(約) 幅160×奥行120×高さ250mm(本体のみ)
重量(約) 370g
容量 適正(約) 200ml
材質(品質) 本体:鉄(銅メッキ)、ホヤ:耐熱ガラス
仕様/その他 使用燃料:白灯油、ランタン用パラフィンオイル
芯の長さ:130mm
燃焼時間(約):14時間※燃焼条件により異なります。

UK-505 CSオイルランタン<小>(ブロンズ)

UK-505 CSオイルランタン 小(ブロンズ)
点灯 UK-505 CSオイルランタン 小(ブロンズ)

製品仕様
製品サイズ(約) 幅120×奥行100×高さ190mm(本体のみ)
重量(約) 250g
容量 適正(約) 120ml
材質(品質) 本体:鉄(銅メッキ)、ホヤ:耐熱ガラス
仕様/その他 使用燃料:白灯油、ランタン用パラフィンオイル
芯の長さ:120mm
燃焼時間(約):10時間※燃焼条件により異なります。

オイルランタンの使用方法

*燃料は、白灯油またはランタン用パラフィンオイルをご使用ください。

*図は「キャプテンスタッグ UK-505 CSオイルランタン 小(ブロンズ)」のものです。

 オイルランタンの使用方法、燃料の適量範囲 図

1. 燃料の入れ方

ランタンを平らな場所に置き、図①のキャップを外して燃料(白灯油またはパラフィンオイル)を容器の注入口から注いでください。(*燃料の量は適用範囲内とし、危険ですので満タンや満タンに近い状態では使用しないでください。「図1参照」)

2. 点火

容器の適量範囲まで燃料を入れ、芯に燃料が染み込んでから図②のレバーを押し下げ、図③のところでレバーを止めてください。マッチ等で芯に点火したら図②のレバーを元の位置まで戻し、図④のつまみを左右に回してススが出ないように芯の長さを調節してください。

3. 消火

消火する際は、図④のつまみを回して炎を消し、完全に消火したことを確認してください。(*つまみを回しすぎると芯がはずれることがありますので注意してください。)

ホヤ(ガラス容器)の取り替え方法

図⑤のリングを引き上げて、図⑥のフードを上げてください。図⑦のホヤ(ガラス容器)を後ろ側に倒し、図⑧を左右に開いてホヤ(ガラス容器)を取り出し交換してください。

炎のゆらめきがリラックスタイムを演出するオイルランタン

UK-504 CSブラックラベル オイルランタン<中>

UK-504 CSブラックラベル オイルランタン 中

製品仕様
製品サイズ(約) 幅145×奥行115×高さ245mm(本体のみ)
重量(約) 400g
容量 適正(約) 200ml
材質(品質) 本体:鉄(粉体塗装)、ホヤ:ガラス(耐熱温度130度)
仕様/その他 使用燃料:白灯油、ランタン用パラフィンオイル
芯の長さ:150mm
燃焼時間(約):14時間※燃焼条件により異なります。

ススが出にくい オイルランタン用パラフィンオイル

交換パーツも充実 オイルランタン用のホヤと替え芯

UK-5003 CSオイルランタン<大>用ホヤ

 UK-5003 CSオイルランタン大用ホヤ

製品サイズ(約) 径100x高さ140mm
材質 ガラス
適応製品 UK-507 CSオイルランタン<大>(ブロンズ)

UK-5002 CSオイルランタン<中>用ホヤ

UK-5002 CSオイルランタン中用ホヤ

製品サイズ(約) 径85x高さ87mm
材質 ガラス
適応製品 UK-506 CSオイルランタン<中>(ブロンズ)
UK-508 CSオイルランタン<中>(ブラック)
UK-509 CSオイルランタン<中>(カーキ)
UK-510 CSオイルランタン<中>(レッド)

UK-5001 CSオイルランタン<小>用ホヤ

UK-5001 CSオイルランタン小用ホヤ

製品サイズ(約) 径65x高さ62mm
材質 ガラス
適応製品 UK-505 CSオイルランタン<小>(ブロンズ)

UK-5005 CSオイルランタン用替え芯<大•中兼用>3本組

UK-5005 CSオイルランタン用替え芯 大•中兼用 3本組

製品サイズ(約) 幅10x全長135mm
材質 コットン
適応製品 UK-507 CSオイルランタン<大>(ブロンズ)
UK-506 CSオイルランタン<中>(ブロンズ)
UK-508 CSオイルランタン<中>(ブラック)
UK-509 CSオイルランタン<中>(カーキ)
UK-510 CSオイルランタン<中>(レッド)

UK-5004 CSオイルランタン用替え芯<小>3本組

CSオイルランタン用替え芯 小 3本組

製品サイズ(約) 幅8x全長120mm
材質 コットン
適応製品 UK-505 CSオイルランタン<小>(ブロンズ)

オイルランタンの他にガスランタンもおすすめです。特にガスバーナーを使用する方にはガスボンベを流用できるメリットもありますし、テントサイトの雰囲気も良い感じになるので一石二鳥ですね。
もちろんガス缶によっては流用できないタイプもありますが、キャプテンスタッグのガスランタンとガス缶ならその心配もなく、テーブルの上に安定しておくことができます。

キャプテンスタッグのガスランタンはこちらから

キャプテンスタッグのガス缶はこちらから

もちろんLEDランタンにも明るさだけでなく、ムードを演出してくれるような個性的なタイプもあります。

理想とするテントサイトのムードを求めて、ランタンに拘ってみるキャンプもきっと楽しいでしょう。

おすすめ情報

キャンプの夜を彩る、おすすめのLEDランタン

キャプテンスタッグ キャンプの夜を彩る、おすすめのLEDランタンランタンやライトはキャンプに限らず、アウトドアレジャーで夜を過ごすために光源として欠かせない必須アイテムです。キャンプ場でも街中のような明かりはありませんから、光源を自分で用意しなければなりません。ランタンは選び方次第でキャンプの夜をより楽しくしてくれます。

LEDヘッドライトを装備してキャンプの夜を楽しもう

LEDヘッドライトを装備してキャンプの夜を楽しもうキャンプ、特に夏のシーズンなら夜の散策や探検もしてみたいですね。そんな時におすすめなのがLEDヘッドライトです。ランタンや懐中電灯よりも両手が自由に使えるヘッドライトを選んでみましょう。

【キャプテンスタッグ公式オンラインストア】

キャンプ・バーベキューに行く前に、足りないものはありませんか?

アウトドア用品総合ブランドのキャプテンスタッグ公式オンラインストアなら、キャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーに必要なアウトドアギアが豊富にラインナップされています。
初心者の方をはじめ、ソロキャンパー、家族キャンプに行ってみようと思っている方からベテランキャンパーの方々まで。皆様にぴったりのアウトドアギアがきっと見つかります。

アウトドア用品総合ブランド キャプテンスタッグ公式オンラインストア