MENU

ソロキャンプにおすすめの焚き火台と焚き火テーブル

ソロキャンプにおすすめの焚き火台と焚き火テーブル
ソロキャンプにおすすめの焚き火台と焚き火テーブル
ゆったりと1人の時間を楽しむソロキャンプ。焚き火のゆらゆらした火を眺めていたくなるのも当然のことでしょう。
焚き火は眺めたり暖をとるだけではなく、お湯を沸かしたり料理にも必要になるので、ソロキャンプといえどしっかり準備しておきたいところですよね。

直火禁止のキャンプ場が最近は増えてきていますので、やはり焚き火台を持っていくことをおすすめします。
また直火OKのキャンプ場でも、焚き火台がある方が湯沸かしや料理には便利ですので、そういう意味でも準備しておくべきアイテムですね。

ソロキャンプで焚き火を楽しむなら、もう一つ合わせて用意しておきたいのがテーブルです。
もちろんキャンプなのでテーブルは用意してることでしょう。ソロキャンプで使うテーブルであれば、軽量コンパクト収納タイプのテーブルを持っている方も多いと思います。
しかしソロキャンプで焚き火を楽しむ時には軽量コンパクト+もう一つの要素を検討してみるのも良いと思います。

今回はソロキャンプで焚き火を楽しむためにおすすめの焚き火台と、使い勝手の良いテーブルを合わせてご紹介します。
目次

ソロキャンプ用の焚き火台を選ぶときのポイント

ソロキャンプでは1人で全てのことをやらなければいけません。そのためアイテム選びは「軽量・コンパクト」が大切ということはよく言われます。
それでは焚き火台の場合はどうかという点を見てみましょう。

焚き火台の重量は1kg以下がおすすめ

ソロキャンプにおすすめの焚き火台 焚き火台の重量は1kg以下がおすすめ
ソロキャンプにおすすめの焚き火台
焚き火台は折りたたみ式やパーツを組み立てて使用するタイプのものが多いです。多くのものが薄型に収納できます。

ですのでソロキャンプ用であれば重さも1kg以下の焚き火台がおすすめです。
コンパクトに収納できて1kg以下なら、荷物としての負担も小さく、収納時にも邪魔になりにくいですね。
それくらい軽量でコンパクトな焚き火台でも網や五徳は使用できますし、セットになってるものも多いので料理等にも十分使えます。

食事を重視して焼き面積がもう少し大きい方が良いという方には、1回り程度大きめで1~2kgくらいの焚き火台がおすすめです。

焚き火と料理の両方に使えるタイプ

ソロキャンプにおすすめの焚き火台 焚き火と料理の両方に使えるタイプ
焚き火と料理の両方に使えるタイプ
焚き火台で起こした火を、せっかくなので料理や湯沸かしにも使いたいですね。そんな時のために五徳や網がセットになっている焚き火台がおすすめです。

セットの利点は一緒に収納できることです。もちろん別売りの網や五徳を揃えて多機能化していくのも良いですが、初めての焚き火台ならセットが手軽でおすすめです。

ソロキャンプでの料理ならシェラカップや小型のクッカーを使う方が多いと思いますが、ソロ用のダッチオーブンやスキレットなど比較的重量がある調理器具を使用する場合も、焚き火台のバランスが崩れてひっくり返さないよう注意して使用しましょう。

Point:焚き火台の安定性と設置場所

焚き火台を選ぶポイントとして、焚き火台の安定性と言われることがありますが、新品の状態であれば焚き火台そのものの安定性に、問題となるような差異は無いと考えて良いでしょう。

それよりも重要なのは「平な場所に置く」「石などの上に置かない」と言った設置場所を選ぶことだと思います。

焚き火台に限らず、バーベキューグリル、テーブル、チェア、テントなども平な場所を探して設置することは、安全にキャンプを楽しむ重要なポイントですね。

もちろん「落とした」「踏んづけた」「ぶつけた」などの理由や、使用し続けることで起こる劣化により、焚き火台そのものが変形していくことはあります。
そうなると平な場所でもグラついたりしますので危険なこともありますね。何か違和感を感じたり、はっきりグラついている時などは点検するようにしましょう。

キャプテンスタッグのソロキャンプ向け焚き火アイテム

ここからはキャプテンスタッグがおすすめする、ソロキャンプにぴったりな焚き火台、テーブル、焚き火をする時に一緒に揃えておきたいアイテムを順番にご紹介いたします。

ソロキャンプにおすすめの焚き火台

重さが1kg未満の焚き火台

UG-6 ステンレス イージーファイアベース
軽さが最優先事項なら、携帯に便利なスライド式炭入れが便利です。
脚付のバーベキューアミや鉄板焼器の下にセットして簡易コンロにも使えます。
UG-46 カマド スマート ストーブ <デルタ>
煙突効果を利用した熱効率のよいミニストーブです。
シェラカップや小型のクッカーが乗せられます。
UG-43 カマド スマートグリル B6型 (3段調節)
燃料や用途に合わせて炭受けの高さが3段に調整可能。
ゴトクとアミがセット。煮炊きや焼き物等、いろいろ賢くスマートに使えます。
UG-47 V型 スマートグリル <ミニ>
フラットにたたんで付属のバッグに収納できます。本体は錆びにくいステンレス製です。
バーベキューが出来るクリンプアミ、煮炊きが出来るゴトク付きです。

重さが1~2kg前後の焚き火台

UG-70 CSブラックラベル ヘキサステンレス ファイアグリル <M>
六角形なので炎が上がると聖火台のような雰囲気があり、組み立ても簡単です。
UG-48 V型 スマートグリル
フラットにたたんで付属のバッグに収納できます。本体は錆びにくいステンレス製です。
バーベキューが出来るクリンプアミ、煮炊きが出来るゴトク付きです。
UG-82 ファイアブースト ストーブ
煙突効果と二次燃焼で燃焼効率を高めたウッドストーブ。

焚き火を楽しむ時におすすめのソロキャンプ向けテーブル

ソロキャンプのテーブルと言えば「アルミロールテーブル」のようにコンパクト収納の軽量タイプが人気ですが、今回は焚き火を楽しむテーブルとして天板がステンレスのテーブルをご紹介します。

天板がステンレスになっているテーブルのメリットは、熱いものをそのまま置けることです。ステンレスでも軽量タイプなので、ソロキャンプで荷物を減らしたい時に、このタイプのテーブルはおすすめです。
UC-556 ステンレス ソロテーブル
熱いものを直接置けるので焚き火まわりに最適です。
【30秒紹介】ステンレスソロテーブルの紹介【captainstag】
UG-30 グリルスタンド テーブル(風防付き)
ゴトクとソロテーブル・風防が一体になった便利なグリルテーブルです。
折りたたんでコンパクトな薄型収納。シングルガスバーナーにぴったりなサイズ。
別売のカマドスマートグリルB6型や、カマドスマートストーブ<デルタ>と組み合わせて使用できます。
UC-555 2way ステンレスサイドテーブル 60×30
焚き火まわりに最適な、火にかけた鍋やダッチオーブンが直接置ける耐熱性が高いステンレス製のサイドテーブル。キズの目立たないエンボス加工天板。
高さ2段階調節可能。持ち運びに便利な収納バッグ付。
2WAYステンレスサイドテーブルの紹介

焚き火するなら一緒に用意しておきたい手頃なサイズのアイテム

UC-1835 トレッカー ザ ライトチェア(カーキ)
軽量・コンパクトな組立式チェア。
組立時、収納袋はフレームに取り付けて小物入れとして使用できます。
UG-3300 焚火 シート80×80cm
フィールドを火の粉から守る耐火シート。耐熱温度700℃のグラスファイバー。
UG-3269 Solo スリムトング 25cm
ソロキャンプに最適なスリムタイプのトング。料理用トングとしてはもちろん、炭用のトングとしても使えます。卓上焼肉用のトングとしても便利です。
UG-3264 BBQ 先の付かないソロトング 18cm
ソロBBQに最適なミニトングです。カマドスマートグリルB6型にぴったりな収納サイズで、収納バッグにグリルと一緒に収納可能です。
収納ストッパーで固定すると、トング先端が卓上に付かずに置けます。
UG-3284 ファイヤースターター・火吹き棒 セット
BBQや焚き火の着火・火起こしに。ライターなどの火種がいらないファイヤースターターとコンパクトに収納できる火吹き棒のセット。火吹き棒は手のひらに収まるコンパクトサイズで、ポケット等に引っ掛けられる便利なクリップ付き。
防災用としても使えます。
UJ-511 イージーチャコール<ミニ> 2個組
ツーリングや1人キャンプに最適な固形燃料です。簡単・スピード着火。木炭の着火剤としても使えます。

おすすめ情報

キャプテンスタッグ公式オンラインストア
アウトドア用品総合ブランド – キャプテンスタッグ公式オンラインストアなら、キャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーに必要なアウトドアギアが豊富にラインナップされています。
初心者の方をはじめ、ソロキャンパー、家族キャンプに行ってみようと思っている方からベテランキャンパーの方々まで。皆様にぴったりのアウトドアギアがきっと見つかります。

キャプテンスタッグ公式オンラインストア
https://store.captainstag.net

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャプテンスタッグがお届けする「Outdoore Life - アウトドアお役立ち情報」の編集部です。アウトドア・キャンプに関するハウツーやレシピをはじめ、おすすめのアウトドアギアなど皆様がアウトドアライフを楽しむために役に立つ情報を発信していきます。

目次