ダッチオーブン

ダッチオーブンを使いこなすために

最初が肝心!シーズニング(慣らし)
 
ダッチオーブンは使い込むとブラックポットと呼ばれます。初めは鈍い銀色が黒く光るようになるんですね。その最初の一歩が慣らし。シーズニングです。鍋全体に新しい油の被膜をつくり、タフな鍋へと育てていくための作業です。この一歩から、ダッチオーブンはあなたの鉄鍋になることでしょう。

ダッチオーブンのシーズニング(慣らし)方法

下記の手順と注意事項を確認し、しっかりと準備しよう!

1. ワックスやシリコンオイルを落とす

ダッチオーブンのシーズニング手順1 ワックスやシリコンオイルなどの匂いを落とすために食器用洗剤で丁寧に擦ります。洗い終わったら、洗剤をしっかり落とします。

2. 水気をとばす

ダッチオーブンのシーズニング手順2 タオルなどで水気をとった後、自然乾燥させます。

3. 油を塗る

ダッチオーブンのシーズニング手順3 乾いたら、オリーブオイルなど純粋な油を塗ります。本体の内側も外側も、フタの表も裏も忘れずに。

*バター、マーガリン等の塩分を含んだ物は使わないでください。塩分を含まない植物オイルをご使用ください。

4. 余分な油を拭き取る

ダッチオーブンのシーズニング手順4 余分な油は焦げの原因に。キッチンペーパーなどで薄くのばしながら油を取る。

5. 煙が出るまで焼く

ダッチオーブンのシーズニング手順5 火にかけます。煙が出てくるまでは中火に。その後弱火にして煙が出なくなるまで焼き続ける。

3〜5の行程を4、5回繰り返します

6. 野菜くずを入れて炒める

ダッチオーブンのシーズニング手順6 煙がおさまったら、ネギ、生姜、ニンニクといった香りの強い野菜くずで炒めます。鍋肌まで丁寧に。

7. フタも同様に野菜くずで炒める

ダッチオーブンのシーズニング手順7 フタもフライパンとして使うため、同様に野菜くずで鉄の匂い消しを行います。

8. 油を塗る

ダッチオーブンのシーズニング手順8 野菜くずを捨てたら、油を薄く塗ります。本体の外側、フタの裏にも油を薄く塗ります。自然に熱を冷まして完成です!

NG! これだけはしてはいけない!ダッチオーブンの取り扱い

熱いうちに水をかけない!
ダッチオーブンの取り扱いNG1 高温の状態での水は厳禁です。温度差で割れることがあります。
洗剤を使わない!
ダッチオーブンの取り扱いNG2 シーズニングしたせっかくの油の被膜がとれてしまい、サビの原因になります。
水や残りを入れたままにしない!
ダッチオーブンの取り扱いNG3 作り置きはしないで、残った料理はすぐに移し変えましょう。簡単に錆びてしまいます。
手荒に扱わない!
ダッチオーブンの取り扱いNG4 重くて頑丈な鍋ですが、割れることもあります。意外と脆いことも。
湿気の多いところに保管しない!
ダッチオーブンの取り扱いNG5 湿気の多いところだと錆びてしまいます。定期的に使うことも大切です。

ダッチオーブン 使用後のお手入れ方法

ダッチオーブンを使った後は・・

使い終わったら、また油で被膜を作ることです。使い込むたびに深い黒になり、味が出てきます。それはまさにブラックポット
世界でひとつの自分だけのブラックポットのために、お手入れ方法はしっかりマスターしましょう。

1. 熱湯をそそぎ沸騰させる

ダッチオーブンのお手入れ方法1 料理の残りや汚れをキッチンペーパーなどで取り除き、熱湯を注ぎます。冷たい水は割れる原因になるので、必ず熱湯を注ぎましょう。

2. 汚れを落とす

ダッチオーブンのお手入れ方法2 鍋底の汚れを木や竹製のヘラ、または専用のヘラで撫でるようにこそげ落としていきます。金属ヘラは使用しないでください。

3. 水分をとばす

ダッチオーブンのお手入れ方法3 汚れを再びお湯を注いで流したら、軽く水分を拭いて、本体・フタともに火にかけて、完全に水分を飛ばしましょう。

4. 油を薄く塗る

ダッチオーブンのお手入れ方法4 シーズニングの要領で薄く油を塗りましょう。スプレー式のものがあるので利用すると便利です。

*スプレー式を利用する際は、火元から離れた安全な場所で使用してください。

5. フタにも油を塗る

ダッチオーブンのお手入れ方法5 フタの表も裏も丁寧に油を塗ります。忘れがちなのが取っ手周りです。油を塗ることでサビの防止になります。

6. 油を軽く拭き取る

ダッチオーブンのお手入れ方法6 余分な油をふき取りながら、煙が出るまで火にかけます。煙が落ち着いたら火からおろし、自然に冷まします。

*バター、マーガリン等の塩分を含んだ物は使わないでください。塩分を含まない植物オイルをご使用ください。

ダッチオーブン 運搬と保管

ダッチオーブンは重い・・

重たいダッチオーブンを運ぶのに専用ケースは必需品です。保管も箱かバッグで。
ダッチオーブンは湿気が苦手です。
空気中の水分で錆びることもあるほど。湿気対策は万全に!

運搬

箱に入れて
ダッチオーブンの運搬1 買った時の箱に入れておけば安心。角をガムテープなどで補強するとなお良いですね。
専用ケースに入れて
ダッチオーブンの運搬2 キャンプ場では駐車場とサイトが離れていることも多いです。専用のケースに入れておけば、運ぶのも楽々ですね。

保管

鍋の湿気をとる
ダッチオーブンの保管1 新聞紙やキッチンペーパーなどを入れて湿気対策をしましょう。細い木などを挟んでおくのも良いですね。その上で、風通しの良い場所に置きましょう。
使うこと
ダッチオーブンの保管2 キャプテンスタッグのダッチオーブンには脚がありません。これはキッチンのガスレンジの上でも、ツーバーナーで調理するのにも向いています。普段使いの調理器具として使うのにも丁度良いんですね。

焦げてしまったら・・・

ダッチオーブンが焦げてしまったら

慌てることはありません。ダッチオーブンは焦げには強いのです。お湯を注いで沸騰させ、木や竹製のヘラで汚れを取り、お湯を捨てて空焼きをします。焦げが炭になっていくところをヘラなどでこそげ落とし、綺麗にします。あとは熱いうちに油を塗って染み込ませていきましょう。

錆びてしまったら・・・

ダッチオーブンが錆びてしまったら

鉄は錆びます。しかし錆びは落とせます。お湯を注ぎ温めた後、クレンザーとタワシなどでこすり落とし、水気を拭きます。火にかけて完全に乾かします。しっかり乾燥したら油を丁寧に塗り込んで煙が出るまで焼きましょう。この作業を数回、シーズニングの要領で行います。

ダッチオーブンのシーズニング〜メンテナンスを動画でご紹介

♦キャプテンスタッグ ダッチオーブン周りのオススメ小物

キャプテンスタッグでは、熱くて重いダッチオーブンを使いこなすための便利なアイテムを豊富に揃えております。