小さく収納、保冷力も十分 おすすめのクーラーバッグと選び方

キャンプだけじゃない、様々なシーンで便利なクーラーバッグ

キャンプ、デイキャンプやバーベキューなど、アウトドアシーンでのマストアイテムの1つがクーラーボックスやクーラーバッグといった携帯型の保冷力(保温性)がある箱やバッグです。
冷たい飲み物はもちろん、食材も痛めずに運ぶことができますし、保冷剤をしっかり準備すれば一晩くらいは保存しておけるので、美味しい朝食も食べられます。

保冷力だけを考えるならハードタイプのクーラーボックス一択とも言えますが、その大きさから家庭での収納場所に困っているという方もいるかもしれません。
ハードタイプのクーラボックスはどうしても場所を取ってしまいます。

そこでおすすめしたいのがソフトクーラーとも言われるクーラーバッグです。
サイズも多様で小さく折りたためるクーラーバッグはキャンプ以外のシーン、例えばツーリングや釣りなどの日帰りレジャーやデイキャンプなどでも使い勝手が良くおすすめです。

今回はクーラーバッグの選び方と保冷効果を高める保冷剤の使い方、そしてキャプテンスタッグのおすすめクーラーバッグをご紹介いたします。

目次

クーラーバッグの選び方

サイズ・容量(L)で選ぶ

収納性(折りたたみ性能)で選ぶ

保冷力で選ぶ

効果的な保冷剤の使い方

キャプテンスタッグおすすめのクーラーバッグ

スーパーコールドクーラーバッグシリーズ

ラウンドコールドクーラーバッグシリーズ

デリス シルバーソフトクーラーバッグ

キャンプアウト ソフトクーラーシリーズ

CSネイティブ クーラーバッグシリーズ

クーラーバッグの選び方

クーラーバッグはクーラーボックスに比べると軽量でコンパクトなものから大容量なものまで幅広くラインナップされています。
そんな多様なクーラーバッグを選ぶ時のポイントを下記の点から順番に見ていきましょう。

  1. サイズ・容量(L)で選ぶ
  2. 収納性(折りたたみ性能)で選ぶ
  3. 保冷力で選ぶ

1. サイズ・容量(L)で選ぶ

クーラーバッグのサイズはクーラボックスと同様に「容量=L(リットル)」で考えましょう。
もちろんクーラーバッグ自体の大きさと重量もありますが、基本的には容量(L)から選ぶ方が良いでしょう。

例えばキャプテンスタッグのクーラーバッグなら「最小2Lサイズから最大45Lサイズ」までラインナップされています。その間にも6L,10L,15L,24L,30L,35Lなど細かくラインナップされています。

また各容量(L)の収容力の目安の一つとして、ペットボトルや缶飲料が何本入るかというものがあります。同じ容量(L)でも形状などによって、縦に何本、横に何本といった違いもありますのでチェックしてみると良いでしょう。

画像:キャプテンスタッグ デリス シルバーソフトクーラーバッグシリーズのサイズ目安

クーラーバッグのサイズ目安

*下表:キャプテンスタッグ デリス シルバーソフトクーラーバッグシリーズの容量目安

クーラーバッグの容量目安

どれくらいのサイズ・容量(L)が必要なのかは利用シーンからイメージしてみましょう。
ソロキャンプとファミリーキャンプなどの人数が多いキャンプとでは必要量が変わってきます。
大容量のクーラーバッグが1つあればいろんなものを一度に運べて便利ですが、当然その分大きく重くなりますね。
多くのものを運びたい場合でも、中サイズのクーラーバッグを複数用意する方が良いケースもあります。
また飲料だけなのか、食材も一緒に入れておくのかという場合も考えると複数用意しやすいクーラーバッグはおすすめです。

キャンプのメンバーや移動の手段などとあわせて、最適なサイズのクーラーバッグを選んでみましょう。

2. 収納性(折りたたみ性能)で選ぶ

クーラーバッグの特徴の一つが折りたためるという点です。全てではありませんが、クーラーバッグはその多くが折りたためるようになっています。

この折りたためることの大きなメリットが下記の2点でしょう。

  • キャンプの帰りの荷物をコンパクトにできる
  • 家庭での収納に場所を取らない

容量(L)と合わせて、この収納時のサイズもチェックしておくことをおすすめします。
折りたたみ方もクーラーバッグごとに異なりますので、気になる方はお近くのアウトドアショップなどでチェックしてみるのも良いでしょう。

クーラーバッグの折りたたみ方、収納性

3. 保冷力で選ぶ

一般的にクーラーバッグの保冷力は、数時間であれば冷たいドリンクの冷たさをある程度保冷できます。ただこの点に関しては製品ごとにかなり違ってきますので、選ぶ時の1つの基準にしても良いでしょう。

例としてキャプテンスタッグのクーラバッグで保冷効果試験を行った時のグラフを参考にしてみましょう。
(*グラフ上の「本製品」とは「キャプテンスタッグ スーパーコールドクーラーバッグ」を指します。)

クーラーバッグの保冷効果試験データ

2℃に冷やしたペットボトル飲料をクーラーバッグに素入れ(保冷剤等無し)して8時間後の飲料の温度になります。
変わらずに冷え冷えというわけにはいきませんが、8時間後でも約15℃と常温より冷たい状態を維持できていますね。

ハードタイプのクーラボックスと比較すると保冷力は落ちるかもしれませんが、軽量でコンパクトな点やサイズも豊富なラインナップと合わせて考えてみると良いでしょう。
もちろん保冷剤を使用したり、ペットボトル飲料や食材自体を凍らせておくとさらに保冷効果は高まります。(*注:缶ビールなどを凍らせるのはやめておきましょう。)

キャンプ場に着いたらクーラーバッグやクーラーボックスは日陰になるところにおきましょう。また特に夏場は地熱の影響を受けますので、直接地面に置くより何かの台の上に載せておく方が良いでしょう。タープやクーラースタンドなども活用しましょう。

単純に保冷力だけを考えるとクーラーボックスという選択になりがちですが、サイズ・容量(L)と折りたたみ性能なども合わせて考えてみると選択肢が広がっていきますね。

効果的な保冷剤の使い方

クーラーバッグもクーラーボックスもそれら自体の保冷力はもちろんですが、保冷剤をうまく使うことでより効果的に冷却効果と保冷力を活かすことができます。
その保冷剤をうまく使うコツというのも非常にシンプルです。

  1. 保冷剤を上部に入れる
  2. ペットボトル飲料や食材など凍らせておけるものを一緒に入れる

単純にこの2点を意識しておくだけでも、ただ保冷剤を入れておく場合と比べて保冷効果が変わってきます。

1. 保冷剤を上部に入れる

保冷剤は上部(クーラーバッグの天井部)に置くと冷気が下に向かうので、クーラーバッグ内全体が冷えやすくなります。
これは空気の流れの特性によるもので、冷たい空気は下方に流れ、暖かい空気は上方へ流れます。
そのため保冷剤を下に置くだけだと冷気が下部に溜まってしまい、全体が冷えにくくなります。上部に置くことで冷気が下方に流れるため全体が冷えやすくなるわけです。
容量に余裕があれば保冷剤を上下左右と複数使うとさらに効果的です。もし1つか2つしか入れられない場合は上部から入れるようにすることをおすすめします。

キャプテンスタッグのクーラーバッグは天井部に保冷剤を入れるポケットが付いてるものも多くラインナップされているのでおすすめです。

*下図:クーラーバッグの容量別に使用する保冷剤の個数目安

クーラーバッグの容量別に使用する保冷剤の個数目安

ペットボトル飲料や食材など凍らせておけるものを一緒に入れる

保冷剤を使用できる数には当然限りがありますので、可能であれば飲料や食材も凍らせて一緒に入れると保冷効果は高まります。
その場合、凍らせる食材は選ばないと、キャンプ場でいざ料理しようと思っても凍ったままといこともありえます。
分厚い肉などは特に解凍に時間がかかりますので、凍らせるものは解凍しやすいものや、すぐには使わないものなどにしておきましょう。

また保冷剤の数やクーラーバッグに余裕があれば、食材や飲料の隙間を埋めるように保冷剤を詰めておくのも効果的です。

キャプテンスタッグおすすめのクーラーバッグ

キャプテンスタッグには多くのクーラーバッグがラインナップされています。様々なタイプとサイズのものがありますが、ここでは一般的なタイプのおすすめクーラーバッグをご紹介いたします。

スーパーコールドクーラーバッグシリーズ

保冷力抜群のクーラーバッグ、持ち運びやすいショルダーベルト付き。
内面の補強板により、ドリンクや小物を置くサブテーブルに使えます。
折りたたんでコンパクトに収納できます。

カラーとサイズ展開

ホワイト:43L,25L,12L
ブラック:43L,25L,12L

保冷力UP構造のポイント

天井部のファスナーから冷気を逃がさないよう上部と下部が重なる「二重構造」になっています。また断熱材も厚手のものを使用することで、さらに保冷効果を高めています。
スーパーコールドクーラーバッグ 保冷力UP構造のポイント

UE-561 スーパーコールドクーラーバッグ 25L

UE-561 スーパーコールドクーラーバッグ 25L
スーパーコールドクーラーバッグと従来品の保冷力比較データ

UE-561 スーパーコールドクーラーバッグ 25L a
UE-561 スーパーコールドクーラーバッグ 25L b
UE-561 スーパーコールドクーラーバッグ 25L c
UE-561 スーパーコールドクーラーバッグ 25L d

UE-562 スーパーコールドクーラーバッグ 43L

UE-562 スーパーコールドクーラーバッグ 43L

UE-560 スーパーコールドクーラーバッグ 12L

UE-560 スーパーコールドクーラーバッグ 12L

UE-578 スーパーコールド クーラーバッグ (ブラック) 43L

UE-578 スーパーコールド クーラーバッグ (ブラック) 43L

UE-577 スーパーコールド クーラーバッグ (ブラック) 25L

UE-577 スーパーコールド クーラーバッグ (ブラック) 25L

ラウンドコールドクーラーバッグシリーズ

コンパクトに収納できるタイプのラウンド型クーラーバッグです。
トップには出し入れしやすい取り出し口付きで、保冷効果を維持します。
ワインボトルやペットボトルなどを立てたまま収納可能です。

UE-564 ラウンドコールドクーラーバッグ 26L

UE-564 ラウンドコールドクーラーバッグ 26L

UE-564 ラウンドコールドクーラーバッグ 26L a
UE-564 ラウンドコールドクーラーバッグ 26L b

UE-565 ラウンドコールドクーラーバッグ 45L

UE-565 ラウンドコールドクーラーバッグ 45L

UE-563 ラウンドコールドクーラーバッグ 16L

UE-563 ラウンドコールドクーラーバッグ 16L

デリス シルバーソフトクーラーバッグ

軽量コンパクトな王道のクーラーバッグ。
長さ調節が可能なショルダーストラップが付いています。
コンパクトに折りたたみ収納できるマジックベルト付き。
天井部には保冷剤を入れるメッシュポケット付きで保冷効果を高めます。
外側にも便利なメッシュポケット付きです。

サイズ:35L,30L,24L,15L,10L,6L

UE-501 デリス シルバーソフトクーラーバッグ30L

UE-501 デリス シルバーソフトクーラーバッグ30L

UE-501 デリス シルバーソフトクーラーバッグ30L a
UE-501 デリス シルバーソフトクーラーバッグ30L b

M-1989 デリス シルバーソフトクーラーバッグ35L

M-1989 デリス シルバーソフトクーラーバッグ35L

M-1852 デリス シルバーソフトクーラーバッグ24L

M-1852 デリス シルバーソフトクーラーバッグ24L

M-1851 デリス シルバーソフトクーラーバッグ15L

M-1851 デリス シルバーソフトクーラーバッグ15L

M-1853 デリス シルバーソフトクーラーバッグ10L

M-1853 デリス シルバーソフトクーラーバッグ10L

M-1850 デリス シルバーソフトクーラーバッグ6L

M-1850 デリス シルバーソフトクーラーバッグ6L

キャンプアウト ソフトクーラーシリーズ

海や行楽、キャンプに最適折りたたんで持ち運べる便利なクーラーバッグ、長さ調節が可能なショルダーストラップ付です。。
保冷剤を入れる便利なメッシュポケット、フロントには便利なポケット付。

UE-603 キャンプアウト ソフトクーラー15L(オリーブ)

UE-603 キャンプアウト ソフトクーラー15L(オリーブ)
350ml缶は18本、500mlのペットボトルは縦で12本入ります。

UE-602 キャンプアウト ソフトクーラー6L(オールドイエロー)

UE-602 キャンプアウト ソフトクーラー6L(オールドイエロー)
350ml缶は9本、500mlのペットボトルは横で6本入ります。

CSネイティブ クーラーバッグシリーズ

ランチボックス入れにもピッタリ。折りたたんで持ち運べる便利なクーラーバッグ、長さ調節が可能なショルダーストラップ付きです。
フタの裏側に保冷剤を入れる便利なメッシュポケット、バッグの外側フロント部分に、便利なポケットが付いています。

350mL缶は9本、500mLのペットボトルは横で6本入ります。

ブルーとレッドの2色展開です。

UE-591 CSネイティブ クーラーバッグ6L(ブルー)

UE-591 CSネイティブ クーラーバッグ6L(ブルー)

UE-592 CSネイティブ クーラーバッグ 6L(レッド)

UE-592 CSネイティブ クーラーバッグ 6L(レッド)

キャプテンスタッグ クーラーバッグのカテゴリ

あわせて読みたい -クーラーボックス・クーラーバッグ関連記事

クーラーボックスの決め手は保冷力と収納力、そしてルックス!

クーラーボックスの決め手は保冷力と収納力、そしてルックスキャンプ・BBQなどのアウトドアレジャーで最重要アイテムと言っても良いクーラーボックス。飲み物や食材を安全・快適に保ち、運ぶために必要なものですね。クーラーボックスは冷たく保つ「保冷」が目的。保冷力と収納力そしてルックスを兼ね備えたおすすめのクーラーボックスをご紹介します。

おすすめ情報

【テントとタープ】ソロキャンプにおすすめの組み合わせ

テントとタープ ソロキャンプにおすすめの組み合わせテントサイトをしっかりイメージして、デザインしていきましょう。テントとタープの組み合わせとセッティング次第でキャンプはさらに快適になります。一人で設営撤収も簡単なソロキャンプにおすすめのテント&タープの組み合わせをご紹介します。

ソロキャンプで料理を楽しむ おすすめのソロクッカーセット

ソロキャンプで料理を楽しむ おすすめのソロクッカーセットせっかくのソロキャンプ。手軽な料理で気楽に楽しむのも良し、じっくり時間をかけてこだわりの一品を堪能するのも良し。大自然の中での1人の時間。楽しみ方のバリエーションを増やしていきましょう。そんな時におすすめのソロキャンプ用クッカーや調理器具をご紹介します。

【キャプテンスタッグ公式オンラインストア】

キャンプ・バーベキューに行く前に、足りないものはありませんか?

アウトドア用品総合ブランドのキャプテンスタッグ公式オンラインストアなら、キャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーに必要なアウトドアギアが豊富にラインナップされています。
初心者の方をはじめ、ソロキャンパー、家族キャンプに行ってみようと思っている方からベテランキャンパーの方々まで。皆様にぴったりのアウトドアギアがきっと見つかります。

アウトドア用品総合ブランド キャプテンスタッグ公式オンラインストア