キャプテンスタッグより、アウトドアに役立つ情報やコラムをご紹介

バーベキューコンロ・グリルの種類、選び方

  • HOME »
  • バーベキューコンロ・グリルの種類、選び方

Img_BBQコンロ・グリル

どんなバーベキューコンロ・グリルを用意する?

皆さんはバーベキュー(BBQ)に行く時にどんなバーベキューコンロ・グリルを持って行きますか?

一緒にバーベキューをやる人数やシチュエーションなどによって選ぶコンロも違ってくるでしょう。
大人数なのか、家族バーベキューなのか、キャンプがメインなのか、日帰りバーベキューなのか。

自分は食べるだけ!という人も、初めて自分で道具を揃えてみようという人も、新しく買い換えを予定している人にも、どんな時にどんなタイプのバーベキューコンロ・グリルを選べば良いのかをご紹介していきます。

あなたにぴったりの理想のバーベキューコンロ・グリルを選び、家族や仲間たちと楽しいバーベキューライフを過ごしましょう!

バーベキュー(BBQ)コンロ・グリルの種類

Img_BBQグリル・コンロの種類

バーベキューコンロ・グリルにはどんなものがあるのでしょうか。
大人数に適したタイプ、少人数にぴったりのタイプ、一風変わった個性的なコンロなど、いろんなタイプのバーベキューコンロ・グリルがあります。

まず最初はタイプ別にバーベキューコンロ・グリルをチェックしてみましょう。

◆スタンダードタイプ

バーベキューコンロのイメージでは最も一般的なコンロです。四角いコンロに脚がついたタイプで、日帰りバーベキューならこのタイプがオススメです。

脚付きのコンロはテーブルから離して設置できるので、大人数の時や小さな子供がいる場合に便利ですね。
高さが調節できたりと用途も広いので、バーベキューをする人数に合わせてコンロの大きさを選ぶと良いでしょう。

このタイプのコンロは、大きいものだと持ち運びや収納の不安があるかもしれませんが、脚がたためるタイプも多いので、あまり気にせずに最適なものを選びましょう。

おすすめ!スタンダードタイプのバーベキューコンロ・グリル

キャプテンスタッグおすすめスタンダードタイプのバーベキューコンロ・グリルキャプテンスタッグおすすめの「スタンダードタイプ バーベキューコンロ・グリル」はこちらから。
人数が多い時などに使いやすいタイプです。特に小さなお子様が一緒の家族バーベキューでは、テーブルと離して使用できるので安全面でもオススメです。

 

◆焚き火台タイプ(ロースタイル)

焚き火台タイプ(ロースタイル)のバーベキューコンロ・グリルは、ロースタイルなので地面に座ってのバーベキューや、暖をとるための焚き火も楽しめる、少人数でのバーベキューにオススメです。

テーブルから離して設置する時、地面に座って少人数で囲ってやる時に使えます。
ダッチオーブンを使う場合にも活躍します。

おすすめ!焚き火台タイプ(ロースタイル)のバーベキューコンロ・グリル

キャプテンスタッグおすすめ焚き火台タイプ(ロースタイル)のバーベキューコンロ・グリルキャプテンスタッグおすすめの「焚き火台タイプ(ロースタイル)バーベキューコンロ・グリル」はこちらから。
ロースタイルなので地面に座ってのバーベキューや、暖をとるための焚き火も楽しめる、少人数でのバーベキューにオススメです。

 

◆卓上タイプ(テーブルトップ)

 
卓上タイプ(テーブルトップ)のバーベキューコンロ・グリルは、焼肉店のように皆でテーブルを囲みながら食べることができるので、少人数でのバーベキューにオススメです。

省スペースで、燃料も少なくて済みます。

おすすめ!卓上タイプ(テーブルトップ)のバーベキューコンロ・グリル

キャプテンスタッグおすすめ卓上タイプ(テーブルトップ)のバーベキューコンロ・グリルキャプテンスタッグおすすめの「卓上タイプ(テーブルトップ)バーベキューコンロ・グリル」はこちらから。
焼肉店のように皆でテーブルを囲みながら食べることができるので、少人数でのバーベキューにオススメです。

 

◆パーティータイプ(ガーデン)

パーティータイプ(ガーデン)のバーベキューコンロ・グリルは大型のバーベキューコンロです。大型で移動が困難なので、庭先でのホームパーティーバーベキューなどがオススメです。

大人数でのバーベキューに最適!
一方で燃料を多く必要とするので、うっかり無駄にしてしまう難点も。

移動が困難な分、週末などに庭先でホームパーティーバーベキューなどができると最高ですね!

おすすめ!パーティータイプ(ガーデン)のバーベキューコンロ・グリル

キャプテンスタッグおすすめパーティータイプ(ガーデン)のバーベキューコンロ・グリルキャプテンスタッグおすすめの「パーティータイプ(ガーデン)バーベキューコンロ・グリル」はこちらから。
大型のバーベキューコンロなので移動が困難な分、週末などに庭先でホームパーティーバーベキューなどができると最高ですね!

 

◆多用途タイプ

多用途タイプのバーベキューコンロ・グリルは、1台あればいろんな方法で活用できるものが多いのが特徴的です。

肉を焼くだけのバーベキューだけでなく、例えばダッチオーブンを使った料理やカマドとして使うなど、いろんな料理にチャレンジしてみたい方にオススメです。

煙突が付いていてオーブンとして使えたり、焚き火台としても使えたりと大変便利で面白いタイプのものが多いです。

バーベキューの楽しみ方を1ランク上げて、いろんな料理に挑戦しましょう。
食事の後は焚き火を囲んで団欒もできるので、楽しみ方がグっと広がるでしょう。

おすすめ!多用途タイプのバーベキューコンロ・グリル

キャプテンスタッグおすすめ多用途タイプのバーベキューコンロ・グリルキャプテンスタッグおすすめの「多用途タイプ バーベキューコンロ・グリル」はこちらから。
1台あればいろんな方法で活用できるものが多いので、肉を焼くだけのバーベキューだけでなく、例えばダッチオーブンを使った料理やカマドとして使うなど、いろんな料理にチャレンジしてみたい方にオススメです。

 

◆簡易タイプ(インスタントグリル(使い捨て))

簡易タイプ(インスタントグリル(使い捨て))のバーベキューコンロ・グリルはコンパクトサイズですので、1つのコンロで楽しめるのは、1~2人までの想定です。大勢で楽しむためには複数用意するのがオススメです。

焼面が小さいので少人数用で短時間しか使えませんが、メインの料理とは別にサブ的な位置づけのバーベキューコンロとしても使いやすいです。さっと焼いて食べられるものが安心ですね。
燃料などすべてがセットされているので準備・炭の火起こしの手間いらずです。

ただしテーブルの上では使用しないで下さい。

おすすめ!簡易タイプ(インスタントグリル)のバーベキューコンロ・グリル

キャプテンスタッグおすすめ簡易タイプ(インスタントグリル)のバーベキューコンロ・グリルキャプテンスタッグおすすめの「簡易タイプ(インスタントグリル(使い捨て))」のバーベキューコンロ・グリルはこちらから。
コンパクトサイズですので、1つのコンロで楽しめるのは1~2人までの想定です。大勢で楽しむためには複数用意するのがオススメです。

 

バーベキューコンロ・グリルの選び方

BBQコンロ・グリル選び方

実際にバーベキューに行く時、どのバーベキューコンロ・グリルを選ぶでしょうか。
バーベキューコンロ・グリルにはいろんなタイプのものがあることは先にご紹介しました。いろんなタイプがあるので、どれを用意すればいいのか迷ってしまいますね。

今度はどんな風にバーベキューコンロ・グリルを選べば良いのかをご紹介していきます。

考え方や選び方は人によって様々ですが、初めてバーベキューコンロ・グリルを買おうとお考えの方は参考にしてみてください。

バーベキューのシチュエーションから選ぶ

どんな場所でバーベキューをやるのか考えてみよう

キャンプ場やバーベキュー場は、平らに整地されていたり、水やその他の設備が整っているところもたくさんあります。駐車場もあり荷物も運びやすい所などですと、より手軽にバーベキューが楽しめますね。

こういった場合は、一緒に行く人数やどんな料理にチャレンジするのかによって大きさや高さなどを考慮し、より使いやすいタイプを選ぶと良いでしょう。

それと同時にそのキャンプ場やバーベキュー場では、どんな設備が整っていて、どんなものを現地調達できるのかをよく調べておきましょう。薪や炭が無くて火を起こせない、なんて事がないように注意しましょう。

BBQコンロ・グリル選び方 シチュエーション

キャンプ場やバーベキュー場のように、それなりに整備された場所で行うバーベキューと、まったく未整備の河原や山などで行うバーベキューとでは、同じバーベキューと言っても事情が大きく違ってきます。

ワイルドなキャンプに挑戦するのであれば、入念な準備が必要です。ベテランのキャンパーと一緒に行くようにしてください。くれぐれも無理をしないように気をつけましょう。

どんなスタイルのバーベキューか考えてみよう

地面で火を囲むバーベキュー

地面に座って火を囲み、グリルで焼いて直接食べる。そんなスタイルのバーベキューには焚き火台タイプ(ロースタイル)のバーベキューコンロ・グリルが良いでしょう。

ロースタイルで、暖をとるための焚き火台にもなるので食後の団欒にもピッタリです。
あまり人数が多いと火が遠くなったりしますので、少人数の時の方が使いやすいかもしれませんね。

おすすめ!焚き火台タイプ(ロースタイル)のバーベキューコンロ・グリル

キャプテンスタッグおすすめ焚き火台タイプ(ロースタイル)のバーベキューコンロ・グリルキャプテンスタッグおすすめの「焚き火台タイプ(ロースタイル)バーベキューコンロ・グリル」はこちらから。
ロースタイルなので地面に座ってのバーベキューや、暖をとるための焚き火も楽しめる、少人数でのバーベキューにオススメです。

 

テーブルや椅子も揃えて、ゆったりオシャレに楽しむバーベキュー

テーブルや椅子も揃えて、ゆったりオシャレに楽しむバーベキューでは、スタンダードタイプのバーベキューコンロ・グリルがオススメです。

高さもあり脚付きなのでテーブルから離して使用できるためテーブルでゆったり食事が取れますね。離れたところに火を置けるので小さなお子様が一緒でも安心です。

おすすめ!スタンダードタイプのバーベキューコンロ・グリル

キャプテンスタッグおすすめスタンダードタイプのバーベキューコンロ・グリルキャプテンスタッグおすすめの「スタンダードタイプ バーベキューコンロ・グリル」はこちらから。
人数が多い時などに使いやすいタイプです。特に小さなお子様が一緒の家族バーベキューでは、テーブルと離して使用できるので安全面でもオススメです。

 

テーブルの上でもバーベキュー

さらにいろいろ楽しみたい方は、卓上タイプ(テーブルトップ)のバーベキューコンロ・グリルと組み合わせると良いでしょう。

大きな食材や時間のかかる料理の出来上がりを、テーブルでおつまみを焼きながら待つなんて贅沢ができますね。これなら料理のバリエーションも広がって盛り上がりますね。

バーベキューコンロ・グリルと一緒にテーブルや椅子も揃えていくと楽しみがグッと広がります!

おすすめ!卓上タイプ(テーブルトップ)のバーベキューコンロ・グリル

キャプテンスタッグおすすめ卓上タイプ(テーブルトップ)のバーベキューコンロ・グリルキャプテンスタッグおすすめの「卓上タイプ(テーブルトップ)バーベキューコンロ・グリル」はこちらから。
焼肉店のように皆でテーブルを囲みながら食べることができるので、少人数でのバーベキューにオススメです。

きっと見つかる!キャプテンスタッグのアウトドアファニチャー

キャプテンスタッグおすすめアウトドアファニチャーキャプテンスタッグおすすめの「アウトドアファニチャー」はこちらから。
テーブルや折りたたみ式チェア、テーブル&チェアのセットアイテムや日除けのパラソルなど人気のアイテムが盛りだくさんです。お気に入りのアウトドアファニチャーがきっと見つかるでしょう!

 

豆知識 コンロとグリルって何が違うの?

バーベキューコンロとバーベキューグリルって何が違うんだろう?
そう思っている方もいらっしゃるかもしれませんので、言葉の違いから考えてみましょう。

コンロ
  • コンロは漢字で焜炉と書きます。元々は運搬可能な調理用の炉のことをコンロと呼んでいました。熱源として木炭・ガス・電気などがあります。
グリル
  • グリルは網焼き料理と調理に用いる器具のことを言います。肉や魚のグリルが一般的です。

家庭のキッチンで考えると「ガスコンロ」とガスコンロに付いている「魚焼きグリル」という違いがわかりやすいと思います。
つまりコンロとは熱源を用いる調理器具のこと、グリルは網焼きのことなので、コンロの方が調理器具としては広義なものを指します。

バーベキューなどのアウトドア料理を考えると、持ち運びができ、火を起こして食材を焼くことが基本ですので、バーベキューコンロと言えます。網焼きに限った場合をバーベキューグリルと呼ぶかというと、実際にはほぼ同じものとして「バーベキューコンロ」「バーベキューグリル」と呼ばれているようです。
アウトドア料理で使う調理器具でコンロやグリルと違うものとしては、燻製を作るためのスモーカー(燻製器)などがありますね。

*アウトドアライフでは便宜上「バーベキューコンロ・グリル」と表記する場合があります。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP