ソロキャンプ・ツーリングにぴったりのおすすめ一人用テント

一人用テントは簡単設営と重量がポイント

アウトドアの中上級者の方ですとテントを持って写真を撮りに行ったり、天体観測に行ったり、バイクや自転車でツーリングへ行ったりと、一人でいろんなところに行くケースも多いかもしれません。
もちろん初心者の方でもアウトドアに慣れてくれば、いろんなところに行ってみたり、挑戦してみたくなるかもしれませんね。

一人用のテントを選ぶときは「軽量」「設営が簡単」というタイプのものが良いでしょう。

キャンプですからテント以外にも寝袋(シュラフ)・クッカー・ガスバーナー・防寒着など持って行くべきものはたくさんあります。当然テントも「大きく・重たく・かさばる」ということがないようにしましょう。1つ1つを軽くコンパクトにまとめるのも上手なキャンプのコツですね。

またテントの設営は慣れている人なら大丈夫ですが、それでも一人なので簡単な方が楽ですね。

今回ご紹介する「キャプテンスタッグのUA-19 エクスギア ソロテント」は、これらの条件をしっかりと満たしたソロキャンプ・ツーリングにおすすめのテントです。

UA-19 エクスギア ソロテント

テントの基本構造は風などの外部圧力にも強い魚座型

UA-19 エクスギア ソロテント

全閉

UA-19 エクスギア ソロテント 全閉

インナー

UA-19 エクスギア ソロテント インナー

快適装備をプラスしたソロキャンプ向けの一人用テントです。

前後面は出入口兼荷物室

前後面は出入口兼荷物室

前室には高さと広さを持たせたワイドな出入口。後室にも出入口を装備し、前室が荷物で塞がっても出入りが可能。

軽量なアルミポール

軽量なアルミポール

軽くて丈夫なジェラルミン7100製ポールを使用。色分けされたポールカラーで迷わず設営できます。

ベンチレーション装備

ベンチレーション装備

開閉可能なベンチレーションを装備し、テント内の空気を換気することで結露を軽減します。

石突きグロメットを採用

石突きグロメットを採用

クイックな設営が可能な石突き+グロメット方式を採用。ベルトを引く事でフライの張りも調節可能。

通気性の良いメッシュ加工

通気性の良いメッシュ加工

インナーテントウォールには通気性の良いノーシームメッシュ。縫い目からの雨の侵入を防ぐシームレス加工。

収納バッグ付き

収納バッグ付き

収納や持ち運びに便利なバッグ付き。

使用人数・床面積

使用人数・床面積 UA-19 エクスギア ソロテント

フレームサイズ

フレームサイズ UA-19 エクスギア ソロテント

天井高

天井高 UA-19 エクスギア ソロテント

製品仕様

使用時サイズ(約) フライ:210x190xH130cm
インナー:210x70xH108cm
収納サイズ(約) 47x16x16cm
重量(約) 2.18kg
耐水圧(約) 2,000mm
使用人数 1人

部品表

フライ(x1) フライ
インナーテント(x1) インナーテント
赤いポール(x1) 赤いポール
黒いポール(x1) 黒いポール
アルミペグ(x14) アルミペグ
ガイドロープ(長x4、短x2) ガイドロープ
*付属品 ポール用収納袋x1、ペグ用収納袋x1、バッグx1

素材

フライ ポリエステル185T(PU2,000mm)
インナー ウォール=ポリエステルノーシームメッシュ
フロア=ポリエステルOXF150D(PU3,000mm)
ポール アルミニウム合金 Ø8.5mm

組み立て順序

UA-19 エクスギア ソロテント 組み立て順序1
UA-19 エクスギア ソロテント 組み立て順序2,3

UA-19 エクスギア ソロテント

豆知識:魚座型構造のテントとは

2本のポールを2箇所で交差させた構造です。

テント 魚座型

天井部が平らで面積が広く、内部での圧迫感が少なくなります。2点で交差するポールの構造によって、生地全体にテンションが加わり、テント自体の強度が強まります。

ポールの接点がX型より多くなる分、風など外部からの圧力に強くなります。

友達や家族と一緒にみんなでワイワイやるキャンプはもちろん楽しいものですが、たまには一人でのんびり気ままなキャンプを楽しむのも良いですね。

ただし装備をしっかりして、危険な場所には近づかないなどの注意を怠らないように、いつも以上に気をつけながら楽しんでください。

おすすめ情報

手軽なワンタッチテントを選んでみよう

キャプテンスタッグおすすめ 手軽なワンタッチテントを選んでみよう手軽さならNo1のワンタッチテント・ポップアップテント。宿泊できるタイプもあるのでチェックして見ましょう。

テントの種類と選び方

キャプテンスタッグおすすめ テントの種類と選び方テントにはいくつかの種類と用途にあった選び方のコツがあります。自分に合ったテントを探してみましょう。