急な雪や凍結でも安心のスノーグラバー

スノーグラバーとは?

スノーグラバー(Snow Grabbers)とは、凍った路面や固まった雪面を歩くために、靴に装着する滑り止め器具のことです。

びょうを打った部分を靴底に重ね、ゴムでつま先とかかとにひっかけるタイプが一般的ですが、最近はコンパクトタイプなどいろんな種類がありますので、目的に合うものを選びましょう。

冬は登山やトレッキングなどのアウトドアシーンに限らず、街中でも突然の降雪や路面凍結で危険なことが結構あります。そんな時にすぐ使える滑り止めがあれば安心ですね。

キャプテンスタッグのおすすめスノーグラバー

突然の雪や真冬の朝の凍結時、今履いてる靴に実質5秒程度で装着できる、とっても簡単で便利なアイテムです。

自宅や仕事場、車などに用意しておくと、いざという時に役に立ち安心です。

キャプテンスタッグのおすすめスノーグラバー イメージ

  • 運動靴や長靴等に装着できます。
  • 「雪道・凍結路面」はもちろん「トレッキング・山菜採り」など、オールシーズン使用可能です。
  • 素材には伸縮性のあるプラスチックを使用しているので軽量です。
  • 耐寒性も抜群!ー40度までOKです。

M-6149 滑らんぞーコンパクト

サイズ(約):50mm x 450m

M-6149 滑らんぞーコンパクト 1
M-6149 滑らんぞーコンパクト 2

M-6149 滑らんぞーコンパクト


M-6150 滑らんぞースリム(M)

サイズ(約):22.0cm 〜 25.0cm

M-6150 滑らんぞースリム(M) 1
M-6150 滑らんぞースリム(M) 2

M-6150 滑らんぞースリム(M)


M-6151 滑らんぞースリム(L)

サイズ(約):26.0cm 〜 29.0cm

M-6150 滑らんぞースリム(L) 1
M-6150 滑らんぞースリム(L) 2

M-6151 滑らんぞースリム(L)


M-6152 滑らんぞーハード(M)

サイズ(約):23.5cm 〜 26.0cm

M-6152 滑らんぞーハード(M) 1
M-6152 滑らんぞーハード(M) 2

M-6152 滑らんぞーハード(M)


M-6153 滑らんぞーハード(L)

サイズ(約):26.0cm 〜 29.0cm

M-6152 滑らんぞーハード(L) 1
M-6152 滑らんぞーハード(L) 2

M-6152 滑らんぞーハード(L)


UX-894 スノーグラバー(ソフトタイプ)

サイズ(約):26.0cm 〜 29.0cm

UX-894 スノーグラバー(ソフトタイプ) 1
UX-894 スノーグラバー(ソフトタイプ) 2
UX-894 スノーグラバー(ソフトタイプ) 3
  • 電車もそのままOK!ピンタイプではないのでカチカチ音がしません!
  • 簡単装着!ベルクロ&ゴムバンドで楽々!
  • 運動靴や長靴の上から手軽に装着
  • オールシーズンで使用可能

UX-894 スノーグラバー(ソフトタイプ)

豆知識 路面の凍結

ところで滑りやすい路面とはどういった状態かご存知でしょうか?

滑りやすい路面は、道路にできた圧雪や、氷の部分の表面が少し融けて水ができ、それが再び凍って発生します。まだ少し気温の高い初冬の時期はこういった状態になりやすいものです。こういう時期は北方で暮らす人たちでも、まだ冬靴の準備ができていなかったり、油断していたりして転んでしまう人が多くなるそうです。

転倒事故によるけがで最も多いのが「頭部」次に多いのが「脚部」「腰部」「足部」の順です。頭部と脚部で全体の約70%を占めています。

頭部の強打は下手をすれば命にも関わる危険なものですね。またけがの種類でダントツに多いのが骨折と打撲です。特に骨折は治るまでに時間もかかるし、不自由ですね。

ちょっとした油断が重大な事故に繋がりかねないのが凍結路面の怖さです。

アウトドアだけではなく、日々の生活の中で、冬場の備えとして準備されてみてはいかがでしょうか。

おすすめ情報

冬のおすすめアウトドア!スノーシューで雪山を歩いてみよう!

キャプテンスタッグ スノーシューで雪山を歩いてみよう最近人気の高い冬のアウトドアレジャー。この冬は雪原や雪山などで家族や友人たちと、スノーシューを履いて冬のアウトドアを楽しんでみましょう。

テントの種類と選び方

キャプテンスタッグおすすめ テントの種類と選び方テントにはいくつかの種類と用途にあった選び方のコツがあります。自分に合ったテントを探してみましょう。