いろんなサイズの網が使える万能タイプのバーベキューグリル header

1台のBBQグリルで網焼きも串焼きも同時に楽しめる

基本的にバーベキューコンロ・グリルとアミはセットになっています。バーベキューコンロ・グリルにはサイズがあり、当然アミもそれに合ったサイズでないと使用できません。

また焼く食材やバーベキューのスタイルによって、アミ焼きだったり串焼きが良かったりするでしょう。もしかしたらサイズ違いのアミだけ持ってるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな時にオススメしたいバーベキューグリルがキャプテンスタッグのNewアイテム、その名も「UG-52 いろんなアミが使えるステンレスグリル(500)」です。

その名の通りいろんなサイズのアミが使用でき、串焼きにも使いやすいマルチグリルをご紹介します。

UG-52 いろんなアミが使えるステンレスグリル(500)

アミ焼きと串焼きが楽しめるマルチグリルです。

フレーム・炭入れは丈夫なステンレス製。錆びにくく使用後のお手入れも簡単で、バーベキューを頻繁にする予定の方には尚更オススメです。

キャプテンスタッグ UG-52 いろんなアミが使えるステンレスグリル(500)

1. BBQに

UG-52 いろんなアミが使えるステンレスグリル(500)BBQに

2. 串焼きに

UG-52 いろんなアミが使えるステンレスグリル(500)串焼きに

3. 串焼き台に乗るサイズなら、色々なアミが使える

串焼き台に乗るサイズなら、色々なアミが使える

4. 市販のアミをフックでしっかり固定できます

市販のアミをフックでしっかり固定

5. 小物が掛けられる使いやすいサイドフック付き

小物が掛けられる使いやすいサイドフック付き

6. フックにはアミも掛けられます

フックにはアミも掛けられる

7. 炭入が外せるので片付け簡単

炭入が外せるので片付け簡単

8. 収納時はコンパクトに

収納時はコンパクト

色々なサイズのアミが使える!キャプテンスタッグらしい一工夫

固定フックで市販のアミをしっかり固定

固定フックで市販のアミをしっかり固定します。

このフックを付けた事で、串焼き台に乗るサイズのアミなら、色々なサイズのアミが使えるようになりました。「フックを付ける」という一見小さな一工夫ですが、これにより1台のバーベキューグリルでできることが大きく広がりました。まさにキャプテンスタッグらしいアイテムです。

UG-52 いろんなアミが使えるステンレスグリル(500)の取り扱い方法

各部の名称

各部の名称

組み立て方法

組み立て方法1
組み立て方法2
串焼き台として使用するには

バーベキュー網をセットせずに、スタンドに直接串を載せれば串焼き台としても使用できます。
*串の持ち手部分は、必ずスタンドの外側に出るように置いてください。

製品仕様

組立サイズ(約) 幅510 × 奥行275 × 高さ600mm
収納サイズ(約) 幅540 × 奥行275 × 高さ190mm
網サイズ(約) 510 × 275mm
重量(約) 2.4kg
セット内容 本体フレーム×1、バーベキュー網×1、炭入×1、スタンド×1、目皿(燃料用)×1、ハンドル(炭入用)×2、2連フック×1、脚×4、キャップ×4
材質 本体フレーム・脚・炭入・プレート:ステンレス鋼
バーベキュー網・スタンド・目皿・ハンドル(炭入用)・2連フック:鉄(クロムめっき)

チューブ入りゼリー状着火剤を使用する時のコツ

チューブ入りゼリー状着火剤を使用する時のコツ1

1.目皿(燃料用)の上に新聞紙やボール紙等を敷き、その上にゼリー状着火剤を適量絞り出します。

*目皿の上に直接着火剤を絞り出すと、着火剤が目皿の網目から落ちてしまいます。また、目皿の下にアルコールの混合ガスが発生し、引火して火傷などの恐れがあります。

チューブ入りゼリー状着火剤を使用する時のコツ2

2.適量の木炭を着火剤の周囲や上に組むように置き、着火用ライター等で着火剤に着火してください。

*着火剤を木炭の上に絞り出さないでください。

*燃焼中の「つぎ足し」は絶対にしないでください。

*使用する着火剤の使用方法及び注意事項をよく読んで、火傷等には十分注意してください。

UG-52 いろんなアミが使えるステンレスグリル(500)

おすすめ情報

キャプテンスタッグおすすめのバーベキューコンロ・グリルはこちらから

キャプテンスタッグおすすめバーベキューコンロ・グリルキャプテンスタッグはアウトドア用品の総合ブランドとして、様々なタイプのバーベキューコンロ・グリルをご紹介しています。

バーベキューを盛り上げる!おすすめアウトドア料理のレシピ集

キャプテンスタッグのアウトドア料理レシピ集キャンプ・バーベキューに行くなら、いろんなアウトドア料理にチャレンジしてみてください。おすすめのアウトドア料理レシピをチェック。バーベキューをもっともっと楽しみましょう。