キャプテンスタッグより、アウトドアに役立つ情報やコラムをご紹介

焚き火台タイプ(ロースタイル)のバーベキューコンロ・グリル

キャプテンスタッグ 焚き火台タイプ(ロースタイル)バーベキューコンロ・グリル

食後にも大活躍するバーベキューコンロ・グリルならこのタイプ

焚き火台タイプ(ロースタイル)のバーベキューコンロ・グリルは、ロースタイルなので地面に座ってのバーベキューや、暖をとるための焚き火も楽しめる、少人数でのバーベキューにオススメです。

テーブルから離して設置する時、地面に座って少人数で囲ってやる時に使えます。
ダッチオーブンを使う場合にも活躍します。

キャプテンスタッグおすすめ!焚き火台タイプ(ロースタイル)のバーベキューコンロ・グリル

M-6500 ヘキサステンレスファイアグリル

キャプテンスタッグM-6500 ヘキサステンレスファイアグリル1台で焚き火・バーベキュー・ダッチオーブンが楽しめます。組立はスタンドと本体をセットするだけで簡単。ダッチオーブン25cmがスッポリ入るサイズです。薄型なので収納もコンパクトに折りたためます。錆びにくい本体はステンレス製。持ち運びや収納時に便利なバッグ付。六角形なので炎が上がると聖火台のような雰囲気があります。

M-6376 イージー ファイアグリル

キャプテンスタッグM-6376 イージー ファイアグリル本体に脚をはめ込むだけの簡単構造!焚き火、バーベキュー、ダッチオーブンに!

UG-29 ラウンドファイアピット

キャプテンスタッグUG-29 ラウンドファイアピットヨーロッパスタイルのファイアピットが手軽に楽しめる!風合いのあるブロンズカラー!脚を広げるだけで簡単に組立できます。持ち運びできるポータブルタイプ。焚き火に便利!火の粉の飛び散りをおさえるメッシュフード付!アミ付きで、グリルとしても使用できます。

 

豆知識 焚き火台を使う理由?

キャンプで焚き火と言えば、薪を組んでのキャンプファイヤーを想像する人も多いでしょう。今までそうだった人にも、これからキャンプを始める人にも是非ファイアピット(焚き火台)を使うことをお勧めします。

もちろん便利だからということもありますが、もう1つ是非知っておいていただきたい理由があります。

それは地面(自然環境)を守るということです。地面には数億もの微生物が生きています。微生物が炎の熱で焼かれると当然死滅してしまいます。そうすると土壌を改善してくれる生き物が居なくなりますので、その場所は死んだ土壌ということになります。一度死んだ土壌は簡単には回復しませんので、自然を破壊しないように焚き火台を使用して欲しいと思います。

キャンプ場やBBQ施設では直火を禁止している所もありますが、こういった理由からなんですね。また、地面が黒く残るのと、燃えきれない木々が散乱するのを牽制するために禁止としているケースもあるようです。

関連記事

流行りのロースタイルBBQを楽しもう

流行りのロースタイルBBQを楽しもう流行りのロースタイルBBQを楽しもう!焚き火を囲み、座りながら食材を焼くロースタイルBBQは、家族や仲間とコミュニケーションが取りやすく、座りながら作業ができるため、リラックスして楽しめるのでとても快適です。 グリルも比較的コンパクトで持ち運びやすい軽量なタイプが多いので人気が高まっています。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP